2012年07月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

VMware vSphereとHyper-Vはどちらが安いか?【後編】大規模環境ではvSphereよりもHyper-Vの方がやはり安価か?

専門家によると、サーバ数が99を超えればWindows Server Datacenterライセンスを購入してVMを実行する方が経済的だという。多数のホスト/ゲスト環境におけるHyper-VとVMware vSphereのコストと機能を比較する。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 前編「ローエンド環境ではHyper-Vの方が高機能でvSphereの方が安価」では、ローエンド環境におけるHyper-VとVMware vSphereの価格を比較した。後編では多数のホスト/ゲスト環境における両者のコストと機能を比較する。

スケールアップ:多数のホスト/ゲスト環境のコストおよびVM管理のコスト

 以前は「Microsoft System Center Virtual Machine Manager(SCVMM)2008」のスタンドアロン版(529ドル)で多数の仮想ホストを管理することができた。しかし「System Center 2012」の場合、1台のホストに付き3つ以上のOS環境(OSE)をSCVMM 2012で管理するには、DatacenterレベルのSystem Centerスイート(3607ドル)を購入する必要がある。同スイートは2個のプロセッサに対応する。

 VMwareの場合、vCenterのスタンドアロン版の1インスタンス(4995ドル)およびSnS(サポート&サブスクリプション)だけを購入し、それ以外の高度な管理機能は省略するという選択肢が残されている。

 15台のデュアルCPUソケット搭載ホストと150個のVMが配備された環境の場合、VMwareのStandardエディションのライセンス(1プロセッサに付き995ドル)のコストは2万9850ドルになる。これにvCenter(4995ドル)、そして両製品に対する1年間のプロダクションサポート費用を加えると、コストは総額で4万5784ドルになる。150本のWindows Server Standardライセンスも計算に含めれば、仮想環境のコスト総額は15万2434ドルに跳ね上がる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...