2010年09月09日 08時00分 UPDATE
特集/連載

サーバ仮想化でますます複雑にHyper-V環境でのMicrosoft Windows Serverライセンスの仕組みとは?

マイクロソフトのサーバライセンスは難解だ。仮想環境においてはさらにライセンスの取り扱いが複雑化する。しかし、OSの種類と仮想サーバの数を整理すれば、Windows Serverのライセンスを理解できるだろう。

[Brien M. Posey,TechTarget]

 データセンターにサーバ仮想化を導入すると、ソフトウェアライセンスが複雑化する。そして、マイクロソフト製品はライセンスポリシーが分かりにくい。

 しかし、Windows ServerHyper-Vを利用している企業のシステム管理者にとって、サーバ仮想化に伴うライセンス問題およびマイクロソフトの複雑なライセンスに対応するのは容易ではない。本稿では、Hyper-V環境におけるWindows Serverライセンスの仕組みを明らかにしたい。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

伊藤忠テクノソリューションズ藤岡良樹氏が語る、老舗大手SIerにマーケティングが必要になった理由
30年にわたりIT系B2B企業のマーケティング支援に携わってきたエキスパートが、マーケティ...

news085.jpg

スマートスピーカー対応の広告配信ネットワークを構築して音声広告配信、博報堂DYメディアパートナーズなど3社
博報堂DYメディアパートナーズなど3社は、スマートスピーカーなどで提供されるニュースコ...

news012.jpg

スマホネイティブの情報収集行動は「スクショ」「いいね!」――博報堂調べ
「スマートフォンユーザー情報行動調査2018」の結果が発表されました。スマートフォンの...