TechTargetジャパン

技術文書
Windows Server 2008 R2 レビューアーズ ガイド
 Windows Server 2008 R2は、Windows Server 2008をベースに構築された製品で、ITプロフェッショナルがサーバインフラストラクチャの信頼性と柔軟性を高めるのに役立つように、既存のテクノロジーを拡張し、新しい機能が追加されています。新しい仮想化テクノロジー、Web...(2009/11/23 提供:マイクロソフト株式会社)

技術文書
Windows Server 2008 R2 Hyper-V よく寄せられる質問
 「Windows Server 2008 R2とHyper-Vでサポートされる論理プロセッサ数が違う理由」「Live Migrationでサポートされる最大ノード数」「Windows Server 2008 R2 Hyper-VでサポートされるOS」「VMQ および TCP Chimney オフロード機能とは」など、Windows Server 2008 R2 H...(2010/2/12 提供:マイクロソフト株式会社)

技術文書
サーバー仮想化における システム構成ガイド ホワイトペーパー ─ 第 2 版
 Hyper-Vは、Microsoft Windows Server 2008の標準機能として組み込まれたサーバー仮想化テクノロジーです。Microsoft Windows Server 2008 R2には、Hyper-V 2.0が搭載され、パフォーマンスおよびスケーラビリティのさらなる拡張、ライブマイグレーションや仮想ストレー...(2010/5/10 提供:マイクロソフト株式会社)

技術文書
Windows Server 2008 R2 Live Migration環境構築ガイド
 Live Migration とは、Windows Server 2008 R2 Hyper-V 2.0 (以降Hyper-V 2.0 と表記します) の機能の1つです。Hyper-V 2.0 は、Windows Server 2008 R2 の一部として提供される仮想化機能です。 Hyper-V 2.0 を使うことによって、1 つの物理的ハードウェア (1 台のサ...(2011/6/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Windows Server 2008 R2でITの最適化とコスト削減を実現する
 Windows Server 2008 R2なら、管理の合理化、高価なサードパーティ製ソフトウェアへの依存度の低減、アプリケーション処理の拡張性の向上、WAN 帯域幅コストの削減など、さまざまな分野でコスト削減に貢献できるでしょう。ユーザー企業は、ファイルシステム管理などの機...(2010/9/11 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Windowsアプリケーションの互換性、信頼性、パフォーマンスを高めるための開発者ガイド
 Windows 7およびWindows Server 2008 R2には、世界中のアプリケーション開発者や企業によって使用される、最新のオペレーティング システム テクノロジおよびソフトウェア開発プラットフォームが導入されています。Windowsのセキュリティ、信頼性、パフォーマンス、およ...(2010/9/12 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
BCP対策に向け再確認、Windows Server 2012 R2の機能と展開手順
 Windows Server 2003の延長サポートが終了する2015年7月を目前に控え、サーバOS移行の具体策を決めた企業は多い。しかし、まだ移行するOSを決めかねているという企業も少なくない。これはクライアントOSのWindows XPからのOS移行で見られた状況を振り返れば容易に想像が...(2015/6/15 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Windows Server 2008 R2 のフェールオーバー クラスタリング
 フェールオーバー クラスタリングは長年にわたりWindows Serverに組み込まれてきました。Microsoft Cluster Services(MSCS)は、Windows NT 4.0 Enterprise Edition に最初に導入されました。そのとき以来、MSCS は大幅な強化が継続的に行われ、Windows Server 2008 オ...(2010/10/11 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Windows Server 2008 R2機能評価ガイド Hyper-V ライブ マイグレーション
 本ホワイトペーパーは、Windows Server 2008 R2 評価版(EnterpriseまたはDatacenter)を使用して、仮想マシンの配置先として開発された新しいストレージ機能「Cluster Shared Volumes」を実装し、ライブ マイグレーションの機能を評価するのに必要な情報と標準的な操作...(2009/11/24 提供:マイクロソフト株式会社)

事例
ソフトバンク・テクノロジーに学ぶ超大量ファイルサーバのリプレース方法
 ソフトバンクグループのITサービスベンダーであるソフトバンク・テクノロジー。1年で従業員が100人以上増えるなど、同社の人的リソースは急拡大の真っただ中にある。しかし急成長のなかにあって、限界が見え始めていたのが社内のITリソースだ。とりわけ業務で扱うデータ...(2014/3/14 提供:CA Technologies)

技術文書
Windows Server 2008 R2機能評価ガイド 仮想デスクトップ インフラストラクチャ(VDI)
 Windows Server 2008 R2の“リモート デスクトップ サービス”は、Windows Server 2008までターミナル サービスと呼ばれていた機能の後継です。リモート デスクトップ サービスには、従来のリモート デスクトップ接続やRemoteAppの展開機能に加え、新たに仮想デスクトッ...(2009/11/25 提供:マイクロソフト株式会社)

技術文書
Windows Server 2008 R2 Hyper-V Live Migration
 企業では、仮想化を採用することでアプリケーションの展開とライフサイクル管理の柔軟性を向上させてきました。ITプロフェッショナルは、仮想化を展開および使用してワークロードを統合することで、サーバの台数を削減してきました。クラスタリングテクノロジを仮想化と...(2010/8/8 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
2大仮想化製品を機能面から徹底比較
 仮想化の採用が広がるにつれて、ERP/CRMやEメール、データべースシステムなど基幹業務のアプリケーションを仮想環境で利用することが増えてきた。基幹業務を支える基盤は、高い可用性と回復性、信頼性を備え、自動化やストレージ管理機能による効率的な運用管理により...(2014/5/13 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
Windows Server 2003 クラスタの仮想化環境への移行について
 Windows Serverでは、Microsoft Cluster Service (MSCS)を使用することでサーバクラスタリングが実現できます。しかし、Windows Server 2008 R2 Hyper-V上でのMSCSの構築では共有ディスクとしてiSCSI接続のストレージのみサポートされるため、既存のMSCSクラスタをHyp...(2012/7/24 提供:日本電気株式会社)

Webキャスト
Windows Server 2008 R2 機能デモンストレーションWebcast
Windows Server 2008 R2 の機能について、短時間でいつでもご視聴いただける Webcast を11本ご用意しました。Windows Server 2008 R2 導入のご検討にぜひご利用ください。●サーバー仮想化機能 Hyper-V 2.0●リモート デスクトップ サービス 新機能●ネットワークアクセス...(2010/1/30 提供:マイクロソフト株式会社)

比較資料
【比較レポート】4メジャー製品を一挙比較。他3製品より500%高速にフルバックアップを完了させたNo1は?
 現在、企業が保有する情報量は急速に拡大している。シマンテックが2012年に調査した結果では、企業の保有データは今後1年間に大企業で67%増、中堅・中小企業で178%増加すると予測している。 重要経営資源でもあるデータを保護するため、イメージ・バックアップは、今...(2013/6/5 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
DirectAccessをテストラボで使用するためのステップ バイ ステップ ガイド
DirectAccess は、Windows 7 と Windows Server 2008 R2 オペレーティング システムの新機能で、リモート ユーザーが、仮想プライベート ネットワーク (VPN) に接続することなく、安全にイントラネットの共有フォルダー、Web サイト、およびアプリケーションにアクセスで...(2010/2/3 提供:マイクロソフト株式会社)

技術文書
Windows Server 2008 R2 Hyper-V Live Migration
 Windows Server 2008 R2 Hyper-Vは、Live Migrationによってより高い柔軟性を提供します。Live Migrationは、Windows Server 2008 R2 Hyper-VおよびMicrosoft Hyper-V Server 2008 R2で実装されています。Hyper-VのLive Migrationを利用すると、サービスを中断すること...(2010/1/18 提供:マイクロソフト株式会社)

技術文書
主要ハイパーバイザー3製品のメモリ管理機能を比較
 Windows Server 2008 R2の「Service Pack 1(SP1)」のリリースに伴い、仮想マシンのメモリ管理をめぐる議論が再び活発化している。 米Microsoftの新しい「Dynamic Memory」機能は、米VMwareのメモリオーバーコミット機能と比較されがちだ。しかし、Dynamic Memoryとメ...(2013/5/2 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Hyper-V: Windows Server 2008 R2 での Live Migration のためのステップバイステップ ガイド
 Live Migrationは、Windows Server 2008 R2のHyper-Vにおける新しい機能です。この機能では、フェールオーバー クラスタリングの役割を、Hyper-Vを実行するサーバ上で追加して構成する必要があります。また、フェールオーバー クラスタリングには、クラスタ ノード用の...(2010/1/27 提供:マイクロソフト株式会社)

事例
豊島区のデスクトップ仮想化プロジェクト 半年で約200台のPC削減
 東京都豊島区では約2200台のクライアントPCを導入しており、そのうち約1800台は情報系ネットワーク用、約400台が基幹業務用に使われていた。そうした状況下で2014年度末に完成予定の新庁舎への移転を視野に入れたシステム構築の5カ年計画がスタート。これまでホスト上で...(2013/1/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Windows Server 2008 R2 のフェールオーバー クラスタリングに関する概要 ホワイト ペーパー
 Windows Server 2008では、フェールオーバー クラスタリングの構成、管理、および診断に関する新機能と機能拡張が数多く提供され、これによってITスタッフは、クラスタを簡単に構成および管理できるようになりました。 Windows Server 2008 R2では、さまざまな機能強化...(2010/1/25 提供:マイクロソフト株式会社)

レポート
TCO徹底比較:VMware vSphereとMicrosoft Hyper-V
 総所有コスト(TCO)は企業のITインフラ基盤を比較選定する上で、最も重要な項目の1つだ。プラットフォームの購入コストとサポートコストに加えて、購入後の運用コストと管理コストを含んでいるため、企業にとって収益に大きく影響する可能性があるからだ。 仮想化プラ...(2013/1/30 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
Windows Server 2008 R2 BranchCache 展開ガイド
BranchCache は、ワイド エリア ネットワーク (WAN) 帯域幅を最適化するテクノロジーで、Windows Server 2008 R2 および Windows 7 オペレーティング システムの一部のエディションに搭載されています。WAN 帯域幅を最適化するために、BranchCache は、メイン オフィスの...(2010/1/30 提供:マイクロソフト株式会社)

事例
老舗サクラクレパスの選択。新旧OSバージョン混在や仮想環境のセキュリティ解決策
 大正10年に創業した文房具製造業のサクラクレパスは、ITを活用し業務効率化を推進してきた老舗企業である。SFA導入をはじめPCの活用を積極推進しているが、同時にウイルス対策にも課題を感じていた。 サクラクレパスのIT運用の特徴は、・Windows Server 2008 R2によるH...(2012/11/16 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
Windows Server 2008 R2 自習書 (1) : AD RMS インストール
この自習書では、Microsoft Windows Active Directory Rights Management サービス (AD RMS) を Microsoft Windows Server 2008 R2 上で展開して評価するためのテスト環境をセットアップする手順について説明します。完了後は、テスト環境を使用して Microsoft Windows Se...(2010/2/13 提供:マイクロソフト株式会社)

技術文書
Windows Server 2008 R2 Hyper-Vをどう生かすか。〜バックアップとリストア編〜
CPUやメモリ、ディスクI/Oなどの共有リソースの効率的な配分により、物理サーバ数の削減、消費電力や管理工数の軽減を可能にすることで、Windows Server 2008 R2 Hyper-Vの導入が注目を浴びている。しかし、複数の仮想マシンがリソースを共有するために、バックアップ時...(2010/6/30 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
Windows Server 2008 R2 自習書 (3) : AD RMS Bulk Protection Tool とファイル分類管理の連携
この自習書では、AD RMS Bulk Protection Toolとファイル分類管理 (FCI: File Classification Infrastructure) 機能を Windows Server 2008 R2 上で展開して評価するためのテスト環境をセットアップする手順について説明します。AD RMS の保護がファイルに追加されると...(2010/2/13 提供:マイクロソフト株式会社)

技術文書
サーバ仮想化導入を専門家がワンストップで支援 〜中堅・中小企業の仮想化導入を容易に〜
 仮想化導入のニーズはあるが、手順が複雑でどこから検討を始めて良いのかいまいち分からない。ありがちな試行錯誤を繰り返し、時間と経費を無駄にしてしまった――このような課題を抱えている企業は意外と多い。 デルでは、仮想化導入を検討する企業や、顧客向けに提案...(2011/8/25 提供:デル株式会社)

Webキャスト
アプリ開発者必見! Windows Server 2012互換性対応で注意すべき16のコツ
 新バージョンのOSがリリースされる際に問題となるのが「既存アプリケーションの互換性」だ。2012年6月に発表された次期サーバOS「Windows Server 2012 製品候補(RC)版」ではWindows Server 2008 R2との多くの互換性を備えており、ほとんどのアプリケーションが動作す...(2012/6/26 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Loading