2010年11月26日 07時30分 UPDATE
特集/連載

オフラインでPCをドメイン参加させるには?プロビジョニング時間を短縮するWindows Server 2008 R2の「オフラインドメイン参加」

本稿はネットワーク接続なしでPCをWindowsドメインに参加させる方法を説明する。これを使えば、オフラインのままマシンのプロビジョニングができる。

[Brien M. Posey,TechTarget]

 Windows NTのころからずっと、ドメイン参加には1つの決まりごとがあった。コンピュータをドメインに参加させるには、コンピュータがそのドメイン(および、そのドメインを管理するDNSサーバ)に物理的に接続していなければならないというものだ。

 しかし、MicrosoftはWindows Server 2008 R2で、「Djoin.exe」という新しいコマンドを使って、コンピュータをネットワーク接続なしでドメインに追加できるようにした。この新しいコマンドの機能を見ていこう。

 Djoinコマンドでは、Windows 7かWindows Server 2008 R2を実行しているコンピュータをWindowsドメインに参加させることができる。旧バージョンのWindowsを実行しているコンピュータでは、このコマンドを使うことはできない。

ITmedia マーケティング新着記事

news121.jpg

NECが国内外のターゲットに向けた最適な広告配信へ「Oracle BlueKai」を採用
NECがOracleのDMPを採用。マーケティングオートメーションとの連携により、データドリブ...

news033.jpg

2018年にTwitterで最も話題になった記事は?――日本データ取引所とフラー、オズマピーアールが共同調査
2018年にTwitterで最も話題になったWebニュース記事は何だったのでしょうか。

news135.jpg

人工知能がSEOに強い文章を提案、WACULが「AIライター」の一般提供を開始
WACULは、人工知能でWeb改善を実現する「AIアナリスト」ユーザー向けにβ版を提供してき...