2010年11月26日 07時30分 UPDATE
特集/連載

オフラインでPCをドメイン参加させるには?プロビジョニング時間を短縮するWindows Server 2008 R2の「オフラインドメイン参加」

本稿はネットワーク接続なしでPCをWindowsドメインに参加させる方法を説明する。これを使えば、オフラインのままマシンのプロビジョニングができる。

[Brien M. Posey,TechTarget]

 Windows NTのころからずっと、ドメイン参加には1つの決まりごとがあった。コンピュータをドメインに参加させるには、コンピュータがそのドメイン(および、そのドメインを管理するDNSサーバ)に物理的に接続していなければならないというものだ。

 しかし、MicrosoftはWindows Server 2008 R2で、「Djoin.exe」という新しいコマンドを使って、コンピュータをネットワーク接続なしでドメインに追加できるようにした。この新しいコマンドの機能を見ていこう。

 Djoinコマンドでは、Windows 7かWindows Server 2008 R2を実行しているコンピュータをWindowsドメインに参加させることができる。旧バージョンのWindowsを実行しているコンピュータでは、このコマンドを使うことはできない。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news087.jpg

Webと店頭サイネージを連動する動画広告、マイクロアドデジタルサイネージとCyberBullが提供
マイクロアドデジタルサイネージはCyberBullと共同で、小売店の店頭サイネージと連動する...

news043.jpg

無料DMP「Juicer」とマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI」が連携
トライベック・ストラテジーは、マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management」...

news129.jpg

VR/AR利用ユーザーの行動を可視化したマーケティングプラットフォーム、オプトが開発
オプトは、VR/ARを活用したプロモーションのためのプラットフォーム「drop:VR360°動画...