2012年01月27日 09時00分 UPDATE
特集/連載

すぐにはできないWindows Server 8移行まだまだ使えるWindows Server 2008 R2再チューニング

Windows Server 8がリリースされてもすぐには移行せず、既存のWindows Server 2008 R2を延命したい人も多いだろう。再チューニングを施せば、まだまだ十分に使い続けることができる。

[Frank Ohlhorst,TechTarget]

 米MicrosoftはサーバOS市場で攻勢をかける準備を整えている。

 同社は「Windows Server 8」の開発を進めている(関連記事:Microsoft、コードネーム「Windows Server 8」の詳細を発表)。同製品がリリースされれば、多くの早期採用企業が一斉に飛びつくものと予想される。

 唯一の問題は、Windows Server 8への移行には相当な費用が掛かり、訓練も必要になるということだ。このためITマネジャーの中には、Windows Server 8に移行するのは、既存のWindows Server 2008 R2からもっと多くの価値を引き出してからにしようと思う人もいるだろう。しかしそれには少しばかりの工夫とテクニックが必要だ。それらを以下に示す。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。