2014年09月29日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Windows Server 2003ユーザーのためのHyper-V解説【第4回】Hyper-Vだけじゃない、統合管理ツール「System Center Virtual Machine Manager」のカバー能力

MicrosoftのCloud OSビジョンの根底を支える技術である「Hyper-V」。今回は、Hyper-Vをはじめとした統合的なITインフラ管理を実現する「System Center」の中身について「System Center Virtual Machine Manager」を中心に解説する。

[田中 隆三郎,日本マイクロソフト]

 前回の「手軽に始められる、Hyper-Vの『BCP/DR対策』『無停止運用』機能」では、現在MicrosoftがCloud OSビジョンを掲げて製品/サービスを提供していることを説明した。「Hyper-V」を搭載した「Windows Server」は、そのCloud OSビジョンを実現するための機能/製品である。Cloud OSを実現する形態としては、ユーザーが管理するプライベートクラウド、Microsoftが提供するパブリッククラウドサービスである「Microsoft Azure」(以下、Azure)、そしてMicrosoftのパートナーのサービスプロバイダが管理/提供するクラウドサービスがある。そしてこれら3つの形態に一貫した管理を提供するのが、本稿で取り上げる「System Center」だ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットは信用できるのだろうか?
パーソナルデータのマーケティングへの利用を消費者はどう感じているか、ソーシャルログ...

news071.jpg

フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことの...

news081.jpg

Facebook広告にオフラインでの行動データを活用、アクシオムがデータ提供
フェイスブックジャパンとアクシオムジャパンは、アクシオムが提供するオフラインでの消...