2014年02月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Windows XP&Windows Server 2003移行の「い・ろ・は」【第3回】簡単なようで難しい Hyper-Vによるサーバ仮想化の意外な落とし穴

Windows Server 2003ベースのシステムでは、長期稼働しているケースもあり、ハードウェアの寿命などさまざまな不安があります。物理サーバを仮想化すれば問題の一部は回避できます。しかし、実際はそう簡単にいかないようです。

[山市 良]

 現在、「Windows Server 2003」ベースのシステムを運用している企業の中には、導入時期にもよりますが、古いもので10年以上も長期稼働しているケースもあるでしょう。OSやアプリケーションのサポート期限があるからといって、現状、何の問題もなく安定稼働しているシステムを更改する動機にはなりません。

 サポート期限切れでセキュリティリスクが高まるとしても、できれば、ハードウェアの寿命が尽きるか、サポート期限が切れるぎりぎりまで使い続けたいと考えるでしょう。レガシーシステムのアップグレードを考えるより、運用しながら全く新しいシステムを並行して検討し、入れ替える方が簡単・低コストで済む場合もあります。

 さらに、老朽化したハードウェアは故障率が高まり、故障したコンポーネントの交換品の入手はますます困難になります。また、交換品を入手できたとしても、より大容量・高性能で低価格な最近の製品と比べると、レガシーなハードウェアの交換費用は一般的に高くつきます。

SCVMMのP2V機能の廃止、どうする?

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news027.jpg

電通など3社、“人”基点でコンテンツマーケティングを高度化する「People Driven Content Marketing」を提供
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズの電通グループ3社は、“人”基点で...

news014.jpg

スマホサイトのユーザビリティ 業種別1位は通信、企業別では?――トライベック・ストラテジー調査
トライベック・ストラテジーとトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユ...

news118.jpg

GDPR対策もリアルタイムマーケティングも、まずデータ統合から Tealium幹部が語る
2018年5月25日、いよいよ欧州でGDPR(EU一般データ保護規則)が施行される。企業はこれに...