2011年09月21日 09時00分 UPDATE
特集/連載

VMwareからの乗り換えが起こるか拡張型仮想スイッチの改善に期待、Hyper-V 3.0の新機能

Hyper-V 3.0開発者向けプレビュー版の新機能が発表された。ネットワーク、ライブマイグレーション、拡張性などで大幅な機能改善が施されている。VMware vSphere 5にとって手ごわい競争相手になりそうだ。

[Beth Pariseau,TechTarget]

 米Microsoftは先ごろ開催された「BUILD」カンファレンスにおいて、「Windows Server 8」を発表(参考「Microsoft、コードネーム「Windows Server 8」の詳細を発表」)するとともに、「Hyper-V 3.0」の新機能を紹介した。ネットワーク、ライブマイグレーション、拡張性などの改善により、Hyper-V 3.0は米VMwareにとってさらに手ごわい競争相手になりそうだ。

 Hyper-V 3.0はまだ開発者向けプレビューの段階だ。つまり、このリリースは企業に配備するためではなく、最終コードがリリースされる前に開発者がその機能を理解するために提供される。Hyper-V 3.0が一般向けにリリースされるのは1年以上先になる見込みだ。

 とはいえ、現時点でもHyper-V 3.0には仮想化専門家にとって興味深い新機能が組み込まれている。特に注目されるのが、新しい拡張型仮想スイッチだ。これは、パートナー企業による高度なネットワーク機能(例えば、トラフィックの検査や監視、サンプリングが可能なキャプチャー拡張機能など)の開発を可能にする。この新スイッチは、VN-TagとOpenFlowのサポートに加え、vNIC(仮想NIC)ごとに帯域幅を確保あるいは制限することによってQoS(サービス品質)を調整する機能も備える。

 Hyper-VをベースとしたITインフラを運用している米MLS Property Information Networkの技術ディレクター、マット・ラバリー氏は「ついにここまで来た」と喜んでいる。「この分野では長い間、VMwareがMicrosoftを大きくリードしていたのは間違いない」

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news026.jpg

カラフルボード、パーソナル人工知能「SENSY」活用したチャットbotサービスを提供
カラフル・ボードは、同社のパーソナル人工知能(AI)「SENSY」を活用したチャットbotサ...

news087.jpg

凸版印刷、専門チームによるデジタルマーケティング運用支援サービスを本格提供
凸版印刷は、専門チームがデジタルマーケティングを支援する「デジタルマーケティング一...

news079.jpg

バーチャルコマースを実現する「EC-Orange」、共同印刷など3社が開発
エスキュービズムは、タッグ、共同印刷とともに、VRを活用したバーチャルコマースを実現...