2015年01月21日 12時00分 UPDATE
特集/連載

ファッションテクノロジーで“仮想試着室”「サイズ違いの返品をなくせ」、ファッション通販サイトが活用する新技術とは?

サイズ違いの洋服を通販サイトで買ってしまったユーザーは商品を返品する。ブランドによっては返品率が80%にもなるという。適正なサイズの洋服を買ってもらうために行っている通販サイトの取り組みとは。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

関連キーワード

Hadoop | 流通業


ik_tt_fashion01.jpg

 スウェーデンVirtusize、米Clothes Horse、米LoveThatFitは、オンラインショッピングに付随する近々の課題を解決するために取り組んでいる。だが、その解決策は消費者のニーズに適合するのだろうか。

 最新のファッションをオンラインで購入できることは消費者にとって便利なことだ。だが、小売業者には新たな問題が突き付けられている。一方、企業家には新たなニッチ市場がもたらされている。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news009.jpg

製造業のデジタルマーケティングはなぜ成果が出ないのか
2017年7月12日にアイティメディアと富士通総研が共催した「製造業のためのデジタルマーケ...

news081.jpg

プラットフォーム・ワン、プログラマティック広告運用専門のコンサルティングサービスを提供開始
プラットフォーム・ワンは、コンサルティング事業部を設立し、プログラマティック広告運...

news026.jpg

カラフルボード、パーソナル人工知能「SENSY」活用したチャットbotサービスを提供
カラフル・ボードは、同社のパーソナル人工知能(AI)「SENSY」を活用したチャットbotサ...