2015年01月21日 12時00分 UPDATE
特集/連載

ファッションテクノロジーで“仮想試着室”「サイズ違いの返品をなくせ」、ファッション通販サイトが活用する新技術とは?

サイズ違いの洋服を通販サイトで買ってしまったユーザーは商品を返品する。ブランドによっては返品率が80%にもなるという。適正なサイズの洋服を買ってもらうために行っている通販サイトの取り組みとは。

[Nicole Laskowski,TechTarget]

関連キーワード

Hadoop | 流通業


ik_tt_fashion01.jpg

 スウェーデンVirtusize、米Clothes Horse、米LoveThatFitは、オンラインショッピングに付随する近々の課題を解決するために取り組んでいる。だが、その解決策は消費者のニーズに適合するのだろうか。

 最新のファッションをオンラインで購入できることは消費者にとって便利なことだ。だが、小売業者には新たな問題が突き付けられている。一方、企業家には新たなニッチ市場がもたらされている。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

日本アドバタイザーズ協会、広告業務全般における働き方改善を目指す取り組みを行うと発表
日本アドバタイザーズ協会は、広告業務に携わる人の働き方改善を目指す取り組みを行うと...

news064.jpg

ネット広告代理市場、2016年以降年平均16.4%の大幅な伸び──ミック経済研究所調査
ミック経済研究所の調査によるとネット広告代理市場の総市場規模は2016年度以降、年平均1...

news070.jpg

朝日広告社、クラウドソーシングを活用した動画サービスを提供開始
朝日広告社は、クラウドソーシングを活用した動画サービス「ASAKO VIDEO CROWD」の提供を...