2013年11月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

値引き幅とセールの実施タイミングを最適化35歳以下の顧客をどう魅了する? ファッション系ECサイトの挑戦

オランダ最大手のファッション系ECサイトでは、シーズンごとの在庫品や返品率の高さが悩みの種となっていた。顧客ニーズに応じた体験を提供するため、ビッグデータとアナリティクスを大いに活用しているという。

[Archana Venkatraman,Computer Weekly]

 オランダ最大手のファッション系オンライン小売業者であるWehkampは、値引き管理システムに米IBMのクラウドベースのマーチャンダイジング(MD)アナリティクスツールを採用した。これによって消費者のニーズに、よりきめ細かく対応するとともに、収益性の向上を目指している。

 WehkampのWebサイトには、2012年、1億2200万を超えるアクセスがあった。同年に売り上げた商品の数は1560万点を超える。同社によると、顧客の半数以上は35歳以下だ。

シーズンごとの在庫管理が悩みの種

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...

news035.jpg

スパイスボックスがAIを活用したフォロワー獲得サービス、ブランドと親和性の高いユーザーに「いいね!返し」
スパイスボックスは、AIスタートアップ企業AIQが蓄積するInstagram約700万アカウントのプ...