2008年07月02日 00時00分 UPDATE
インフォメーション

TechTargetジャパン 会員調査「基幹系アプリケーション利用に関するアンケート調査」結果リポート

TechTargetジャパンでは、アンケートを通じて会員の基幹系アプリケーション利用状況に関する調査を実施。調査結果から、日本企業では自社開発がまだまだ根強いという現状が浮き彫りになったものの、コスト削減などシステム運用面の条件次第では、ベンダー製品への移行の検討余地が十分にあることが明らかになりました。

[TechTarget]

基幹系アプリケーション利用に関するアンケート調査

調査概要 概要記事はこちらからお読みいただけます
目的 企業における基幹系アプリケーションの利用状況を調査するため
方法 Webによるアンケート
調査対象 TechTargetジャパン会員
調査期間 2008年5月11日〜5月19日
有効回答数 449件
資料のファイル形式 PDF
資料のページ数 47ページ

TechTargetジャパン会員の方は、メンバーシップにログインした状態で[資料ダウンロード]をクリックすると、調査リポート(PDFファイル)をダウンロードすることができます。