2011年03月02日 11時00分 UPDATE
特集/連載

Windowsサーバクラッシュの3大原因とその回避策(後編)互換性のないストレージドライバによるWindowsクラッシュ

Windowsサーバをクラッシュさせる原因を詳しく説明し、その回避に必要なベストプラクティスを紹介する。

[Bruce Mackenzie-Low,TechTarget]

 前編の「古いウイルス対策ソフトウェアによるWindowsサーバクラッシュ」に引き続き、1000件近いWindowsクラッシュの分析を通して分かった3大原因を紹介する。今回は「互換性のないストレージドライバ」「多過ぎるフィルタドライバ」などによって引き起こされるクラッシュの詳細な内容と、それらの回避に必要なベストプラクティスを紹介する。

互換性のないストレージドライバ

 サーバクラッシュの中で、「古いウイルス対策ソフトウェア」の次に多いのが「互換性のないストレージドライバ」に起因するものだ。ご存じのように、サードパーティーストレージベンダーは、HBA(ホストバスアダプター)の制御とストレージデバイスへのアクセスに使われるデバイスドライバを提供している。米Qlogic、米Emulex、米Hewlett-Packard(HP)など、ベンダーごとにデバイスドライバはそれぞれ異なるが、それらはいずれもMicrosoftのStorportというドライバに依存している。Storportドライバは、こうしたベンダー固有のドライバがI/O操作時に使用する一般的なルーチンセットを提供する。

 互換性のないストレージドライバの問題は、ウイルス対策ドライバの問題と同様の理由で起こる。ベンダー固有のドライバが変更された場合、それらをStorportの現行バージョンに対して再テストし、互換性が保たれていることを確認しなければならない。Storportが更新された場合についても同じことがいえる。全てのHBAドライバを再テストし、新しいStorportドライバと組み合わせて利用できることを確認しなければならない。だが、それは大変な作業だ。例えば、Windows Server 2003では、Storportに関する修正プログラムが50件以上公開されたからだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...

news064.jpg

シャノンの「イベント受付来場認証」がPepperと連携
シャノンは、MAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」において、展示会・イベントの来場者...