2011年02月28日 11時00分 UPDATE
特集/連載

Windowsサーバクラッシュの3大原因とその回避策(前編)古いウイルス対策ソフトウェアによるWindowsサーバクラッシュ

Windowsサーバをクラッシュさせる3つの原因について詳しく説明し、それらの回避に必要なベストプラクティスを紹介する。

[Bruce Mackenzie-Low,TechTarget]

 Windowsサーバのクラッシュにはさまざまなタイプがあるが、大部分のクラッシュの原因は3つに大別される。すなわち「古いウイルス対策ソフトウェア」「互換性のないストレージドライバ」「多過ぎるフィルタドライバ」だ。私はこの10年間に世界中から依頼を受けて1000件近くのクラッシュを分析してきたが、その経験からいえるのは、これらは回避すべき問題だということだ。

 以下では、サーバをクラッシュさせるこれら3つの一般的な原因について詳しく説明し、それらの回避に必要なベストプラクティスを紹介する。

古いウイルス対策ソフトウェア

 Windowsサーバのクラッシュは、「古いウイルス対策ソフトウェアが原因で発生する」ものが断然多い。ウイルス対策ソフトウェアはいずれも、I/O(読み書き)要求を途中で受信して付加的なチェックを行うデバイスドライバ(より具体的に言えば、“フィルタドライバ”)を使用する。ウイルス対策ドライバは、定義ファイルに含まれる既知のウイルスのパターンと検査対象ファイルを照合する。感染ファイルを検出し、感染が広がらないようにするためだ。

 フィルタドライバは、低レベルのカーネル関数とデータ構造を介してOSとやりとりするカーネルモードコードから成る。これらの関数とデータ構造には、あらかじめ定義された一連の引数とデータ型が含まれている。これらは、対応するデバイスドライバからの呼び出し時に、存在すると想定されている引数とデータ型だ。関数に誤ったデータ型や不正な数の引数が渡されると、エラーが発生し、カーネルモードでシステムクラッシュを引き起こす可能性がある。

関連ホワイトペーパー

ウイルス | Windows | サーバ | ストレージ


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...