2010年11月26日 07時30分 公開
特集/連載

プロビジョニング時間を短縮するWindows Server 2008 R2の「オフラインドメイン参加」オフラインでPCをドメイン参加させるには?

本稿はネットワーク接続なしでPCをWindowsドメインに参加させる方法を説明する。これを使えば、オフラインのままマシンのプロビジョニングができる。

[Brien M. Posey,TechTarget]

 Windows NTのころからずっと、ドメイン参加には1つの決まりごとがあった。コンピュータをドメインに参加させるには、コンピュータがそのドメイン(および、そのドメインを管理するDNSサーバ)に物理的に接続していなければならないというものだ。

 しかし、MicrosoftはWindows Server 2008 R2で、「Djoin.exe」という新しいコマンドを使って、コンピュータをネットワーク接続なしでドメインに追加できるようにした。この新しいコマンドの機能を見ていこう。

 Djoinコマンドでは、Windows 7かWindows Server 2008 R2を実行しているコンピュータをWindowsドメインに参加させることができる。旧バージョンのWindowsを実行しているコンピュータでは、このコマンドを使うことはできない。

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

「Amazon帝国」の歴代企業買収額ランキング
ついに映画製作の名門MGMを手中に。成長やまぬ帝国が次に狙うのは?

news141.jpg

デジタル広告不正の内容理解は4割にとどまる――デロイト トーマツ調査
問題意識はあるものの理解は浅く、取り組みもまだ不十分というのが現状のようです。

news163.jpg

BOPIS(EC注文&店頭受取)導入支援サービス 電通テックなど3社が提供開始
3社でシステム導入と販促・バックヤード業務を総合支援。