2010年11月26日 07時30分 公開
特集/連載

プロビジョニング時間を短縮するWindows Server 2008 R2の「オフラインドメイン参加」オフラインでPCをドメイン参加させるには?

本稿はネットワーク接続なしでPCをWindowsドメインに参加させる方法を説明する。これを使えば、オフラインのままマシンのプロビジョニングができる。

[Brien M. Posey,TechTarget]

 Windows NTのころからずっと、ドメイン参加には1つの決まりごとがあった。コンピュータをドメインに参加させるには、コンピュータがそのドメイン(および、そのドメインを管理するDNSサーバ)に物理的に接続していなければならないというものだ。

 しかし、MicrosoftはWindows Server 2008 R2で、「Djoin.exe」という新しいコマンドを使って、コンピュータをネットワーク接続なしでドメインに追加できるようにした。この新しいコマンドの機能を見ていこう。

 Djoinコマンドでは、Windows 7かWindows Server 2008 R2を実行しているコンピュータをWindowsドメインに参加させることができる。旧バージョンのWindowsを実行しているコンピュータでは、このコマンドを使うことはできない。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...