2013年08月06日 08時00分 UPDATE
特集/連載

デスクトップ仮想化で初めてGPUを仮想化モバイル向け機能を強化、シンプルになったXenDesktop 7の見どころ

2013年7月10日にXenDesktopの新しいバージョン「Citrix XenDesktop 7」が提供開始された。画面転送速度の向上や、VDIでは初めて成功したGPUの仮想化機能など、モバイルを意識した数々の強化が施されている。その一部を紹介しよう。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]

 2013年7月10日、シトリックス・システムズ・ジャパンデスクトップ仮想化ソフトウェアの新しいバージョン「Citrix XenDesktop 7」を提供開始した。XenDesktopは現在、最も導入されているデスクトップ仮想化ソフトウェアだ(参考:デスクトップ仮想化に関する読者調査結果リポート(2012年9月))。本稿では、2012年7月10日に実施されたイベント「シトリックス4都市キャラバン東京 加速するモバイルワークスタイル」の内容を基に、XenDesktop 7のアップデート情報をお伝えする。

 XenDesktop 7は、モバイルワークスタイルやクラウド基盤で動くことを意識したテクノロジーとして数々の機能強化がなされている。そのキーワードは「モバイル」「シンプル」「スケーラブル」だ。

モバイル:HDX Mobile/HDX Touchの機能を強化

高度圧縮

 3G/4G回線での利用を想定して、画面転送を高速化した。従来もH.264ベースの圧縮技術を実装していたが、今回は独自のチューニングを施し、さらに高度な圧縮技術を実装したという。これによって、扱えるフレームレートが2倍に増え、使用帯域を2分の1に圧縮。サーバ当たりのユーザー収容率は80%増加したという。コストメリットを出しつつ利便性の高い環境をモバイルワーカーに提供することが狙いだ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news096.jpg

電通パブリックリレーションズが「第2回 企業広報力調査」の結果を発表
電通パブリックリレーションズ内の研究組織である企業広報戦略研究所は、「第2回企業広報...

news095.jpg

MasterCard、「Pepper」向けデジタル決済アプリケーションの試験運用を開始へ
MasterCardは、人型ロボット「Pepper」向けの初の決済アプリケーションによるの試験運用...

news080.jpg

石黒 不二代氏が語るオムニチャネルの本質、“個”客中心主義とは何か
セブン&アイ・ホールディングスの一大プロジェクト「omni7」を構想から開発まで支援した...