TechTargetジャパン

技術文書
Kinect センサーによるアプリケーション開発のための“超”入門
 「Kinect for Windows センサー」によるアプリケーション開発のための“超”入門。 本格的な開発を始める前に絶対に知っておきたい、Kinect for Windows センサーの特長やXbox 360版との違い、開発時の注意点、応用例などをまとめて紹介する。(2015/6/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Android端末でも欠かせないセキュリティ対策
 Android端末では一般ユーザがルート証明書の追加作業を行うことは大変困難であり、また、それぞれのOS バージョンで格納されているルート証明書は異なっているため、予めどのようなルート証明書が格納されているかを確認しておくことが重要である。 シマンテック・ウェ...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
Pepperを動かすロボットアプリを学ぶ
 人気記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は連載「Pepperで始めるロボットプログラミング」の第1回を掲載。 Pepperが面白いのは、サードパーティーのアプリケーションをインストールできるという、まるでスマー...(2015/7/6 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ワンランク上のWebサービス基盤に必要な「3つの機能」――競合製品との比較検証
 顧客や取引先、従業員向けにモバイル対応のWebサービスを展開し始め、トランザクションの急激な変化への対処に追われる企業が増加している。さらには本社を含めた複数の拠点でのデータ分析ニーズに応えるため、Webサービスによって独自の分析基盤を展開したり、新しいマ...(2016/9/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
アクセス集中による応答時間の遅延を解消、拡張性と運用コスト削減を両立するサーバ選び
 香港を拠点に展開するSLLIN Consultantsが提供する音楽ストリーミングアプリ「Hands in the Air(HITA)」は、x86サーバ上のLinux環境で運用されていた。しかし、同時接続ユーザーが300を超えるとシステムが対応できなくなり、許容できないレベルまで応答時間が長くなる...(2016/3/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
リアルタイム分析―これからの基幹系システムデータの分析要件とは
 マーケティングや経営分析を実施する上で欠かせない販売実績やPOSに関するデータは、基幹系システムに格納されている。この稼働に支障が出ないよう、データ分析を行う際は必要なデータをいったんデータストアへコピーし、ETL処理を行った上で、データウェアハウスに格納...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
Apple社員も襲った「水飲み場攻撃」とは? 実例から見える“Web攻撃の今”
 今や企業にとって重要なビジネスの場となったWebサイトで、不正ログインや改ざんなどの事件が相次いでいる。クレジットカードの決済情報を狙った攻撃など、深刻な被害に直結するケースも増加しており、対応に後手は許されない状況だ。 ただし、話はそう簡単ではない。(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
組み込み/IoT機器の開発で使える! Windows OS【後編】
 PC向けOSとして広く普及している「Windows」のバリエーションの中に、組み込み/IoT機器向けOS「Windows Embedded/IoT」があることをご存じだろうか? Windows Embedded/IoTとは、特定用途向けに提供されている組み込みOSのことで、世の中にあるさまざまな組み込み機器...(2016/9/16 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
3方向で進化するオールフラッシュ、次世代データセンターに適した製品は?
 この数年で導入企業が一気に増加したフラッシュストレージ。その活用は主に3つの方向で進んでおり、従来型業務システムなどで使われる汎用製品、開発環境に適したストレージQoS重視の製品、データ分析に適した高IOPS・低レイテンシの製品が主要な選択肢となっている。 ...(2016/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

技術文書
Android端末でも欠かせないセキュリティ対策
 Android端末では一般ユーザがルート証明書の追加作業を行うことは大変困難であり、また、それぞれのOS バージョンで格納されているルート証明書は異なっているため、予めどのようなルート証明書が格納されているかを確認しておくことが重要である。 シマンテック・ウェ...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
モバイルが企業にもたらす脅威とチャンス──モバイルセキュリティ、統合への道
 モバイル端末の社内導入、社内向け・顧客向けモバイルアプリケーションの開発を実施する企業は増え続け、この流れはもはや止められない。しかし、決して整然としたプロセスで導入されていないデバイスやアプリケーションは、IT部門に難解な課題解決を強いている。 例え...(2016/1/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
モバイルアプリの8割以上が即削除、残されるアプリになるには
 モバイルアプリケーションは、ビジネスの主要チャネルとして急速に広がっている。同時にモバイルアプリの使い勝手に寄せられる期待は他のチャネルよりもはるかに大きく、「何百万もリリースされているモバイルアプリの8割から9割が1回使用したら削除されている」という...(2015/1/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ネットワーク仮想化でよくある6つの課題、ベストの解決方法は?
 サーバ仮想化の次の段階として、自社データセンターの俊敏性を高めるという目的で、ネットワーク仮想化に取り組む企業が増えている。特に、プライベートクラウドを構築したものの、運用が進むにつれ、エンドユーザーのさまざまな要望に応え切れなくなった企業で、具体的...(2016/8/26 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月24日号:それでもAzureを選ぶべき理由
 Computer Weekly日本語版 8月24日号は、以下の記事で構成されています。■あらゆる用途にマッチする魔法のブロックチェーンは存在しない■至れり尽くせりなインテリジェントビルを目指す「Watson IoT」導入計画■優秀なDevOpsチームがハマる落とし穴■それでもAWSでは...(2016/8/24 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
iPadでのWindowsアプリ活用、「見づらい」「操作性が悪い」の声にどう応える?
 スマートデバイスの業務利用を考える際、iPadは真っ先に検討したい端末の1つだ。操作性が高く、ビジネスアプリも豊富で、「Microsoft Exchange」などと連携したメール利用も問題ない。しかし、いざ導入してみると、業務での活用が進まなかったというケースが見られる。(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
専門知識ゼロから始めるIoTソリューション開発、初心者も使える開発基盤とは?
 IoTが生み出す新たな価値が広く認識されるようになり、IoTを使ったサービスの提供を検討する企業が増えている。これに伴い、IoTソリューションのプロジェクトも増加している。 このような状況にもかかわらず、IoTプロジェクト推進に二の足を踏んでいるケースのほうが多...(2016/8/1 提供:株式会社ネットワールド)

レポート
1回で分かる:モバイルアプリ開発を楽にする「BaaS」って何?
 スマートフォンをはじめとしたモバイルアプリケーション開発のためのクラウドサービスとして注目されている「BaaS」(Backend as a Service)。 モバイルアプリケーション開発者がサーバ側(=バックエンド)のことを気にせず、認証サービスやデータベースへの読み書き...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

技術文書
インテルと7社のベンチャー企業で構成された「IoTベンチャーズ」
 インテルは「IoT(Internet of Things: モノのインターネット)」の分野でベンチャー企業と共同でソリューションを提案する取り組みを始めている。 「IoT ベンチャーズ」という枠組みの下、7社のベンチャー企業がインテルのプラットフォームでさまざまなIoT ソリューシ...(2016/7/5 提供:インテル株式会社)

製品資料
ストレージの基礎解説――オブジェクトストレージの活用法と効果
 モバイルの普及に伴い商業、製造業、研究調査、個人の日常活動などで生成される非構造化データ(テキスト、画像、さらにはセンサー情報など)の量は爆発的に増加している。こうしたデータの急増が、IT基盤運用において大きな負荷となっている。また、データを扱うストレ...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
システム障害を生む開発と運用の「意識の差」――DevOpsで3つの壁を打破
 野村総合研究所が行ったシステム障害の原因調査によると、オペレーションミス起因が25%である一方、44%が指示ミスや申請ミスなどの運用ミスや基盤設計時の検討不足による考慮漏れだという。これらはシステム設計時から運用標準化を進めることで減らすことができるが...(2016/6/8 提供:株式会社野村総合研究所)

製品資料
Microsoft Officeのメニューで簡単文書権限設定、クラウド上のOffice文書を守る
 日々業務でやりとりするMicrosoft Office文書。メールの添付ファイルやファイルサーバで手軽に社内外の関係者と共有できるが、その権限設定はきちんとできているだろうか? 特にスマートデバイスがこれだけ利用されている現在、「Office 365」「SharePoint Online」「E...(2015/12/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
取引先への大容量ファイル転送や拠点間のデータ同期、ファイル転送の悩みを解決
 あらゆるデータが大容量化する中、長引くファイル転送時間が業務停滞やコスト増大の原因となりつつある。拠点や取引先との大容量ファイル転送、ドライバやファームウェアの配布、災害対策といったシーンで、転送時間の短縮、ネットワークの信頼性向上などの課題解決が急...(2016/4/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
わずか50グラムのメガネ型ウェアラブル端末、あなたならどう使う?
 メガネ型ウェアラブル端末「Wearvue(TM) TG-1」は、レンズ越しに1.25メートル先に情報を表示する業務支援ツールである。ハンズフリーの作業が可能で、重量もわずか50グラムと長時間の作業でもストレスにならない。 メガネとしても自然なデザインで、接客業務などでも...(2016/2/8 提供:株式会社東芝)

事例
三菱重工業やOlympicのスマートデバイス活用を支える長期安定運用の仕組み
 タブレットやスマートフォンなどのスマートデバイスを活用してペーパーレス化や業務の見える化を目指す企業にとって、大きな課題は開発生産性とメンテナンス性だ。基幹系システムやクラウドとの連携、大量のデータ処理が必要となる場合もある。そうなればアプリケーショ...(2016/4/8 提供:株式会社オープンストリーム)

技術文書
ソコが危ない! スマフォアプリのSSL実装にありがちな「落とし穴」とは?
 SSL/TLS接続のクライアントとして機能する、Webブラウザ以外のアプリケーションに、エラーや欠陥がまん延している。今日ではますます多くのサービスがWebブラウザ以外のアプリケーションインタフェースで提供されているため、この問題への対処が必要だ。 こうしたアプ...(2016/3/22 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
そのモバイル開発体制は大丈夫? モバイルアプリ開発のアプローチを再確認
 2017年までに顧客対応向けのアプリケーションは、100%モバイルファーストで開発されるという予測もある。ビジネスのスピード感が増し、IoT(Internet of Things)環境が進む中、必要なときに素早く情報にアクセスし、その場で簡単にデータや情報を確認したり、入力でき...(2015/12/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
ファイルサーバのクラウド化実行マニュアル【初級編】
 ファイルサーバのクラウド化は、コスト削減や運用管理の負荷軽減、BCP対策としても注目を集めている。Microsoft Azureでは、ブロックBLOB、ページBLOB とディスク、テーブルとキューの3種類のストレージサービスを提供しており、ブロックBLOBは大量のBLOB データを信頼...(2015/6/12 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
スマートグラスと相性がよいAR技術、産業用途へシフトか?
 AR(Augmented Reality:拡張現実)・VR(Virtual Reality:仮想現実)は、決して目新しい技術ではない。だが、ここ数年でAR・VRへの関心が高まっている。背景にあるのは、スマートグラスの台頭だ。 クアルコムジャパン ビジネスデベロップメント マネジャーのシェン・...(2016/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
9時間かかるデータ処理が劇的に短縮される、大量データの分析基盤に必要な要件とは?
 ビッグデータ分析基盤の検討においては、データ収集、将来のデータ量に対応できる分析クエリの実行と拡張、エンドユーザーによる分析の使用拡大への準備、将来使用される高度な分析への準備が必要である。また、留意すべきは分析プラットフォームが提供する分析の深さだ...(2015/10/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
カーナビのUIは、Webブラウザベースにすることでより魅力的なものになる?
 カーナビゲーションシステム(カーナビ)をはじめとする車載情報機器を、他社製品といかにして差異化するのか。差異化の最大の要因になると言われているのが、顧客との直接の接点となるユーザーインタフェース(UI)である。 例えば、Volkswagenグループは、車載情報機...(2015/8/31 提供:アイティメディア株式会社)

Loading