クアルコムのXR用SDK「Snapdragon Space」新機能でスマホアプリが進化する?Qualcommが目指すXRの未来【前編】

Qualcomm Technologiesが手掛ける、XR技術活用のためのSDK「Snapdragon Spaces」が進化を遂げた。これにより、スマートフォン向けアプリケーションでのAR体験を強化できるようになるという。その詳細は。

2023年07月11日 07時15分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

関連キーワード

SDK | モバイルアプリケーション


 「VR」(仮想現実)や「AR」(拡張現実)、「MR」(複合現実)といった「XR」(Extended Reality)技術を進化させる鍵となるのが、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)の活用だ。エンドユーザーがHMDをいかに効果的かつ快適に利用できるようにするかという問題に、さまざまなベンダーが取り組んでいる。その一社がモバイルデバイス向け半導体メーカーQualcomm Technologiesだ。

 QualcommはXR技術活用のためのソフトウェア開発キット(SDK)「Snapdragon Spaces」を提供している。同社は2023年5月、Snapdragon Spacesの新機能を公開した。これにより、XR技術をさまざまなデバイスで使うことが可能になるという。その詳細とは。

XR用の「新SDK」で何ができるのか?

 Qualcommは以前からスマートフォンでAR体験を実装しようとする開発者を支援してきた。同社はスマートフォンでのAR体験とスマートグラス(通信機能を搭載した眼鏡型のウェアラブルデバイス)の組み合わせが持つ可能性を、Snapdragon Spacesを通じて再考してきた。

 新バージョンのSnapdragon Spacesは、スマートフォンを用いたAR体験(スマートフォンAR)のさらなる拡張を目指す新機能「Dual Render Fusion」を提供する。Dual Render FusionはXR技術の扱いに慣れていない開発者でも、モバイルアプリケーションの利用体験を2次元から3次元空間に拡張できるようにする。「Dual Render FusionはスマートフォンARの可能性を広げ、これまでよりもはるかに幅広い開発者がAR技術を活用可能になる」と同社は説明する。

 Snapdragon Spacesのコミュニティーには、エナジードリンクを提供するRed Bullや、料理レシピの動画配信サービスを手掛けるKittchといった企業が所属し、数千人の開発者を有する。XR技術を強化し、現実の限界を打破するには、開発者コミュニティーが不可欠だというのがQualcommの考えだ。XR分野の革新的企業はさまざまなカテゴリーにおいて、企業ないし消費者向けアプリケーションでのARやVR、MRの実装を推し進めている。そうした企業の例は以下の通りだ。

  • Arthur Technologies
  • Arvizio
  • Engage
  • Scope AR
  • holo one(Sphereの名前で事業展開)
  • Taqtile
  • Glue Collaboration
  • MSM.digital
  • Nomtek
  • Shapes
  • vSpatial
  • PIXOVR
  • Roundtable Learning
  • Strivr Labs
  • Talespin Reality Labs
  • Transfr
  • Uptale

 次回は、Snapdragon Spacesを利用可能なHMDを紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news195.png

ドコモのAIエンジンと実購買データで類似顧客を推計 データ・ワンが新広告ソリューションを提供開始
データ・ワンが保有する実店舗での購買データとdocomo Senseの技術を掛け合わせることで...

news083.jpg

マーケターは「脱TikTok」を決断すべき? 鍵を握るのはトランプ氏
米国におけるTikTok売却または禁止が議会で可決されたことを受け、このプラットフォーム...

news034.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年7月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。