OracleとAWSの「常時無料枠」を比較 OCIにあってAWSにはない“あれ”とは?OCI無料プラン「Always Free」の活用法【前編】

クラウドベンダーは自社のクラウドサービスを開発者に試してもらうために、期間無制限で使える無料プランを用意している。OracleとAWSの無料プランの違いとは。

2022年04月19日 10時00分 公開
[Kurt MarkoTechTarget]

 クラウドベンダーは、できる限り多くの開発者に自社の製品やサービスのユーザーになってもらいたいと考えている。そのため開発者による自社クラウドサービスの採用を後押しするために、インセンティブとしてSDK(ソフトウェア開発キット)やクラウドサービスの期間限定の無料プランを提供している。こうした無料プランの一つとして、Oracleのクラウドサービス「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)の無料プラン「Always Free」がある。

 Always Freeをはじめとするクラウドサービスの無料プランを活用することで、開発者はクラウドサービスを利用する前にコストをかけずにテストできる。開発者が賢い選択をするためには、これらの無料プランや各クラウドサービスに関する詳細な知識が必要だ。

OracleとAWSの「常時無料枠」は“あれ”が違う

 幾つかのクラウドベンダーは、期間無制限のクラウドサービスの無料プランを提供している。Oracleは2021年6月に、OCIのAlways Freeの適用範囲を拡大させた。Always Freeによって、仮想マシン(VM)やデータベース、アプリケーション開発ツールなどのOCIサービスが期間の制限なく無料で利用できる。ただしAlways Freeは一定の機能制限を伴う。

 Amazon Web Service(AWS)が提供する期間無制限の無料プラン「Always free」(常に無料)には、イベント駆動の「AWS Lambda」やアプリケーション開発などのサービスが含まれている。ただし2022年4月時点で、VMサービスの「Amazon EC2」はAlways freeの対象外だ。

Oracle CloudのAlways Freeとは

 開発者はOCIのAlways Freeにより、基本的なクラウド活用の訓練のみならず、実用的なアプリケーションの構築を可能にするためのリソースを利用できる。OCIの期間無制限の無料プランであるAlways Freeには、IaaS(Infrastructure as a Service)やPaaS(Platform as a Service)など複数のサービスが含まれている。

 OracleはOCIの登録後30日間利用できる300ドル分の無料クレジットを付与している。無料クレジットを使うことで、ユーザー企業はAlways Freeよりも幅広い機能と、より多くのデータ容量を利用できるようになる。無料トライアルはAlways Freeと合わせて利用可能だ。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...