2013年10月23日 08時00分 UPDATE
特集/連載

迷ったらBYODとクラウドで「タブレットとノートPC、どちらを買うべきか」が分かる方法

企業で利用できる端末が多様化する中、業務端末はノートPCのままで本当によいのか? 今こそタブレットに移行すべきなのか? 端末選定の悩みを解決するポイントをまとめた。

[Diana Hwang,TechTarget]

 クラウドを利用するモバイルワーカーに適したノートPCやタブレットを選ぶには、ハードウェアを考えるだけでなく、プラットフォーム、アプリケーション、エンドユーザーの行動を考慮する必要がある。

 タブレットとノートPCの境界線は曖昧になってきている。IT業界は、OSやフォームファクタ(形状の規格)に加え、分離可能な端末かどうか、コンバーチブルタイプかどうか、キーボードなしかどうかといった分類で、新しい端末分野の定義を確立しようと苦慮している。2013年の第4四半期に続々と新端末が登場してきたら、ますます混迷は深まりそうだ。

 企業は、モバイル戦略を見直してオンプレミスソフトウェアに代わるクラウドベースのテクノロジーを検討しなければならない。多くのエンドユーザーがクラウドを利用し、仕事やプライベートのデータへ各種モバイル端末からアクセスしているからだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...