2013年02月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

米Microsoftの成功と失敗を振り返る【前編】「Office 365」に相次ぐ障害、ユーザーの信頼をどうつかむか

サービスプロバイダーのトップ企業入りを目指す米Microsoftにとって「Office 365」は期待の星だ。しかし同サービスは障害が相次ぎ、ユーザーの信頼が薄れつつある。同社の対応は。

[Ed Scannell, Jeremy Stanley, Matt Gervais, Toni Boger,TechTarget]

 米Microsoftは2012年、大きな転機を迎えた。同年春から2013年1〜3月期にかけて、Microsoftはデスクトップ市場とモバイル市場に向けて戦略的に重要な製品を10本以上投入することになる。これらは基本的に同社の技術ポートフォリオを刷新するものだ。現時点でこれらの製品の半数以上が既にリリースされているが、それなりにヒットしたものもあれば、失敗もある。(Microsoftが)出すと言っておきながら出なかった製品や、あと1年ほど市場での評価を見なければ判断がつかない製品などもある。同社の製品と人事に関連して、2012年における注目すべき展開や興味深い出来事をピックアップした(項目の順序に特に意味はない)。

「Office 365」への不安

 Microsoftはコラボレーションスイートの「Office 365」を2010年に発表して以来、トップクラスのホスティング型サービスプロバイダーになるという野望を抱いてきた。しかし同サービスの提供開始からわずか3カ月後の2011年9月までに2回の障害が発生した。そして2012年11月には、わずか5日間でさらに2回のサービス停止が発生した。このときは、多くのユーザーが電子メールを利用できなくなり、ユーザーの信頼がさらに揺らぐ結果になった。

 不安を感じているのはユーザーだけではない。ここにきて、ITコンサルタントたちも警戒心を抱き始めている。これまで多くのコンサルタントが、経費の節約と管理負担の軽減を求めている企業に対して、堅牢かつ信頼性の高い選択肢としてOffice 365を推奨してきた。しかし今では、自身の評判を落とすことにもなりかねないサービスを推奨するのをためらうコンサルタントもいる。

 これらの失策は、Microsoftが新市場に参入するのに伴う産みの苦しみと見なすこともでき、同社の野望を打ち砕くものではないかもしれない。しかし2013年により多くの企業のIT部門で同社の製品を真剣に検討してほしいのであれば、こういった失敗を避ける必要があることは確かだ。

「クラウドOS」の登場

 「Windows Server 2012」とクラウド環境である「Windows Azure」との緊密な連係は、クラウドに全面的にコミットする姿勢をMicrosoftがはっきりと宣言したことを示すものだといえる。同社は両製品の組み合わせを“Cloud OS”(クラウドOS)と呼び、「これによりISV(独立系ソフトウェアベンダー)およびユーザー企業がプライベートクラウドを構築し、アプリケーションとサービスの開発、提供、管理をこれらのクラウド上で行うための環境が実現される」としている。

 しかし同社の強力な販売部隊がマーケティングに本腰を入れているにもかかわらず、市場での評価は定まらない。Azureを既に運用しているIT部門の間では、Windows Server 2012で大きな改善効果があったと評価する声も聞かれるが、「同製品の今後の方向性についてMicrosoftが明確なビジョンを示していない」として本格的な採用をためらっているIT部門もある。

 2012年9月に発売されたWindows Server 2012は、同製品の中でもかつてなく意欲的なリリースだといわれた。発売当初の時点では、Azureとの連係機能は数百に及ぶ機能改善の1つにすぎないという位置付けだった。PowerShellのコマンドレットの数は2300に及び、Active Directoryやクラウドベースの各種サーバにも対応した。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...