2013年10月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Touch IDの過信に警報「iPhone 5s」の指紋認証はグミで突破可能? 安全性に懸念の声

「iPhone 5s」の特徴である指紋を使った認証機能「Touch ID」の安全性に疑問の声が上がっている。ハッキングや指紋情報が悪用されるリスクがあり、過信するのは禁物だ。

[Bridget Botelho, Michael Anderson,TechTarget]

 「iPhone 5s」のTouch IDは、デバイス保護の面からユーザーに歓迎されているが、その生体(バイオメトリクス)認証技術はエンタープライズグレードのセキュリティ機能と見なすべきではない。

 加えて、指紋データが米Appleに利用されるかもしれない点や、なんらかの形で共有されてしまう可能性、ハッキングのリスクなどから、懸念の声が上がっている。

Touch IDの限界は?

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...