2015年03月24日 15時00分 UPDATE
特集/連載

2015年、加速するデータセンター関連企業の再編(後編)iOS提携を組んだAppleとIBMが提供する“App Storeでは見つからないアプリ”とは?

2015年、サーバ企業とストレージ企業の大規模な合併と買収が行われる年になると予測する専門家がいる。大手ベンダーである米IBMや米Apple、新興企業である米Violin Memoryなどの動向、注目製品を紹介する。

[TechTarget]
jo_tt_150316_ss.jpg

 データセンター向けハードウェア、ソフトウェア、サービス市場のベンダーの格付けは絶えず変化している。米ボストンの451 Researchによる「Technology M&A Outlook Report」(テクノロジー分野のM&A展望リポート)では、2014年はテクノロジー分野の合併と買収の総額が4390億ドルに達したが、2015年もその勢いが衰えることはないと予想している。

 前編「データセンター向け製品ベンダーガイド、2015年に合併/買収する企業は?」に続き、専門家が注目しているデータセンター向け製品と企業を紹介する。ベンダーのロードマップを知りたい場合も、ビッグデータがもたらすボトルネックを解決するための新しいテクノロジーを探している場合も参考にされたい。米TechTargetのアナリスト、メインフレームの専門家、Linuxのトレーナーなどのプロフェッショナルが、お勧めする注目すべき企業である。

IBMのロードマップで明らかになった重要な次のステップ

 米IBMには期待していないという人もいるが、同社が絶望から立ち上がって革新を巻き起こすなら、今後数年は非常に面白くなるだろう。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...