2015年03月16日 15時00分 UPDATE
特集/連載

2015年、加速するデータセンター関連企業の再編(前編)データセンター向け製品ベンダーガイド、2015年に合併/買収する企業は?

2015年、サーバ企業とストレージ企業の大規模な合併と買収が行われる年になると予測する専門家がいる。VMwareやRed Hatなどの大手ベンダーや新興企業の動向、注目製品などを紹介する。

[TechTarget]
jo_tt_150316_ss.jpg

 データセンター向けハードウェア、ソフトウェア、サービス市場のベンダーの格付けは絶えず変化している。

 エンタープライズクラスのフラッシュストレージ、データセンターのモデリング、SDN(Software Defined Network:ソフトウェア定義のネットワーク)といったデータセンター製品がメインストリームになりつつある。一方、大手テクノロジー企業は競合他社の買収に躍起になったり、IT購買担当者の心をつかむために他社とパートナー契約を結んだりしている。

 「合併交渉は打ち切られたものの、米EMCと米Hewlett-Packard(HP)は最近まで親密な関係にあった。米Cisco Systems(Cisco)と米NetAppはどちらも少し孤立感を覚えているに違いない」と話すのは、ストレージとクラウドコンピューティングに関する個人コンサルタント、ジム・オライリー氏だ。同氏は、2015年がサーバ企業とストレージ企業の大規模な合併と買収が行われる年になると予測する。

 米ボストンの451 Researchによる「Technology M&A Outlook Report」(テクノロジー分野のM&A展望リポート)では、2014年はテクノロジー分野の合併と買収の総額が4390億ドルに達したが、2015年もその勢いが衰えることはないと予想している。

 今回から2回にわたり、専門家が注目しているデータセンター向け製品と企業を紹介する。ベンダーのロードマップを知りたい場合も、ビッグデータがもたらすボトルネックを解決するための新しいテクノロジーを探している場合も参考にされたい。米TechTargetのアナリスト、メインフレームの専門家、Linuxのトレーナーなどのプロフェッショナルが、お勧めする注目すべき企業である。

「OpenStack」との統合で仮想化からクラウドにシフトしたVMware

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news096.jpg

モリサワとさくらインターネットが協業、Webフォント30書体をレンタルサーバ利用者に無料で提供
モリサワとさくらインターネットが協業し、「さくらのレンタルサーバ」利用者に向け、モ...

news091.jpg

セールスフォーム・ドットコム、新機能「Pardot Engagement Studio」の提供を開始
セールスフォース・ドットコムは、Salesforce Pardotの新機能「Pardot Engagement Studio...

news044.jpg

トランスコスモス、VRコンテンツのプロモーション活用を促進するパッケージを提供開始
トランスコスモスは、360度パノラマ映像によるVR体験ができる「360度・VRコンテンツスタ...