2015年06月16日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ストレージアレイに最適なのはどっち?徹底比較:SSDオンリー vs. SSDとHDDの混在――性能測定の意外な結果は? (1/2)

オールフラッシュアレイとハイブリッドフラッシュストレージアレイについてパフォーマンス要素という観点から、適切な量のフラッシュストレージの導入について解説する。

[Eric Slack,TechTarget]
photo 年々低価格化、大容量化が進むSSD(TechTargetジャパン記事「世界初2TバイトのSSDが登場、アナリストの評価は?」より)

 ソリッドステートストレージアレイの導入を検討している企業の大多数は、その理由にパフォーマンス要素を挙げている。ソリッドステートストレージアレイには他にも長所があるが、ほとんどの企業はより速いストレージをとにかく必要としているのが実情だ。

 一般的なフラッシュストレージのユースケースとしては、高密度の仮想サーバインフラ、仮想デスクトップインフラ(VDI)、トランザクションの多いデータベース、Web向けのアプリケーションなどが挙げられる。アプリケーションサーバにフラッシュストレージを直接配置するのではなく、共有ストレージが必要な場合に考えられる選択肢は「オールフラッシュアレイ」と「ハイブリッドアレイ」の2つだ。

 本稿では、オールフラッシュアレイとハイブリッドアレイの両方を取り上げ、既存の環境に最適なソリッドストレージアレイを判断する方法について解説したい。

オールフラッシュアレイの利点とは?

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

オプト、Amazon専門部署を設立
オプトは、企業のAmazonチャネルシフトを支援する専門部署「Amazon戦略部」を新設した。

news056.jpg

20代女性が田舎に魅力を感じる背景に「SNS映え」と「インフルエンサー」――マージェリック調べ
マージェリックが実施した田舎に関する意識調査によると「田舎に魅力を感じる」という回...

news042.jpg

楽天の人工知能「Rakuten AIris」がマーケティング効率化にすごく有効である理由
楽天が、長年の事業展開で蓄積してきたビッグデータ資産を活用するために開発したAIエー...