2018年04月22日 10時15分 公開
インフォメーション

Computer Weekly日本語版キャッシュレス化は本当に正しいのか?

ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!

[Computer Weekly]

キャッシュレス先進国の光と影

キャッシュレス先進国の現実

 北欧諸国には、商品やサービスを決済する際の標準形態として現金の使用を段階的に廃止するという共通の長期目標がある。政府、税務当局、銀行、主要業界は、現金を時代遅れと見なすようになっている。

 スウェーデンでは、本稿執筆時点での現金取引は20%に満たない。これはノルウェーでも同じだ。

 現金は、あらゆる国の「灰色」経済に力を与える。政府機関はこうした灰色経済への課税や統制に苦慮している。主要経済とは異なり、灰色経済の活動は国民総生産(GNP)やGDPには含まれない。北欧諸国のGDPの8〜12%に相当する灰色経済はキャッシュレス社会での生き残りに奮闘することになるだろう。

 一方で、急速なキャッシュレス化は日本のマスコミが伝えない問題を生み出している。一体何が起きているのか?

無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」に全文を掲載しています。

ALT ダウンロードはこちら

バックナンバー