2011年02月25日 09時00分 UPDATE
特集/連載

回復に向かう2011年のIT予算と優先課題(後編)世界2300社が選ぶ2011年のIT投資優先課題、1位はサーバ仮想化

世界2300社のITマネジャーを対象に、2011年のIT投資に関する優先課題を聞いた。ITマネジャーたちが選んだ最優先課題はサーバ仮想化だった。

[Mark Schlack,TechTarget]

 「2011年のIT投資優先課題、ITインフラよりもアプリケーションへの支出再び」では、調査結果の全体像をお伝えした。2010年までと異なり、ITインフラよりも事業の成長を支援するソフトウェアへの投資が拡大しつつある傾向がみられた。後編では、IT投資への優先度が最も高かったサーバ仮想化と、近年話題になっているクラウドコンピューティングやモバイル関連の2011年の動向をお伝えする。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotでWebサイトの分析や課題発見をサポートする「SIGNAL AI」を提供
ソフトバンク・テクノロジーは、Webサイト分析やアドバイスを行いながらデータ活用人材を...

news065.png

パイプドビッツなど3社、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」が提供開始
パイプドビッツは、メディコムとトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向け...

news108.jpg

EC・通販の広告クリエイティブは「製品・サービスを手に取ってもらう」ことに割り切る
豊富な実務知見に基づき、EC・通販で成功する方法について解き明かしていく本シリーズ。...