2011年02月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

回復に向かう2011年のIT予算と優先課題(前編)2011年のIT投資優先課題、ITインフラよりもアプリケーションへの支出再び

世界2300社のITマネジャーを対象に、2011年のIT投資について聞いた。ITインフラよりも、事業の成長を支援するアプリケーションへの投資を再び重視する傾向がみられた。

[Mark Schlack,TechTarget]

 2010年は企業のIT投資が例年になく落ち込んだ。米国と欧州が1930年以来最悪の経済危機から脱出できなかったからだ。しかし2011年は一部で景気回復の兆しも見え、米TechTargetが実施した「2011 IT Priorities Survey」(2011年IT優先度調査)に協力した世界各国(今後重点調査を予定している中国を除く)の2300社の回答企業によると、2011年のIT投資は約2.8%増加する見込みだ。

 回答企業のIT部門の42%は、IT支出が通常レベルに回復してきた。「不況からゆっくりと回復に向かっている」と答えたのは43%で、「回復の兆しがない」という回答は15%だった。通常レベルに回復しつつある状況は、46%のIT部門で予算が5%以上増加したことからも見て取れる。

 しかし全世界のIT分野の様相は大きく変化しつつある。例えばインドでは2011年、IT投資が5%伸びると予想されている。これに対し、北米の伸び率は1.4%、欧州は1.6%にとどまる見込みだ。とはいえ、北米でもIT投資が5%以上増加する企業は32%に上る。

 IT支出が回復軌道に向かう中、ITマネジャーたちは2007年の経済危機の直前以来、優先リストの上位を占めてきた項目を優先度の高い課題として挙げている。57項目の技術をめぐる取り組みについて質問したところ、ITマネジャーたちが選んだ優先課題の上位10項目は以下の通りだ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news108.jpg

「LINE LIVE」にインストリーム広告、配信者に収益を還元
LINEは「LINE LIVE」上の運用型広告「LIVE Video Ads」の提供を開始した。

news098.jpg

「Best Global Brands 2017」が発表、NetflixとSalesforce.comが初のランクイン
インターブランドジャパンは世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2016...

news078.jpg

オールアバウト、ネイティブアドネットワーク「All Aboutプライムアド」を開始
オールアバウトは、総合情報サイト「All About」において、独自の基準で選定したライフス...