2011年01月05日 08時00分 UPDATE
特集/連載

2011年、企業のIT投資はどう動くのか市場調査から探る2011年データセンタートレンド

2011年、データセンター関連市場はどうなるのか? 主要調査会社が2010年下半期以降に発表した市場調査や動向予測などから2011年の方向性を探る。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 本稿では主要な調査会社が2010年に発表した、2011年の市場動向予測や企業のIT投資に関する調査結果から、ストレージサーバなどのデータセンター関連分野のトピックを紹介する。

戦略的技術としてのSSD Gartner

 米国の調査会社Gartnerは2010年10月、企業や組織にとって戦略的な重要性を持つと考えられるテクノロジーのトップ10を発表した。その中では「クラウドコンピューティング」「モバイルアプリケーションおよびメディアタブレット」「ソーシャルコミュニケーションおよびコラボレーション」などと並んで、「ストレージクラスメモリ」が挙げられている。

 これは、コンシューマー製品などで採用が進んでいるフラッシュメモリ「Solid State Drive」(以下、SSD)の企業利用がさらに進むことを示しているだろう。SSDは電源の供給なしにデータの保持や書き換えが可能で、企業向けのストレージにおいても採用が広がっている。特に、企業内データを、可用性とパフォーマンスなどの要求に応じてストレージ装置に階層化して管理する「ストレージ階層化」に利用することで、ストレージ環境のコストを削減するメリットがある。

製品分野別の市場予測を発表 IDCジャパン

 IDCジャパンは2010年12月、「2011年国内IT市場の主要10項目」を発表した。その中で「2011年国内IT市場全体は今後緩やかな拡大基調になるが、2011年は一時的に減速し、前年からほぼ横ばいとなる」と予測している。また、同社は国内データセンター関連の製品別市場予測を発表している。その中から注目トピックを紹介する。

ディスクストレージシステムにおけるファイルベースの容量がブロックベースを上回る

 IDCジャパンが2010年10月に発表した「国内ファイルストレージ需要動向」によると、国内のディスクストレージシステム容量に占めるファイルベース容量はブロックベース容量を上回る成長率で増加し、2011年にはブロックベースを上回るという。また同社では「企業が保有するファイルデータの増加とともに、ファイル仮想化や重複排除、データの自動仕分け(自動化)といったファイルデータを効率的に管理する技術への需要増が期待される」とみている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...