2011年09月16日 09時00分 UPDATE
特集/連載

個人情報のうっかり流出を防ぐにはAmazon S3の悪用ツールに学ぶ個人情報漏えい対策

Amazon S3の設定ミスを悪用するツールの存在や、企業がAmazon S3のセキュリティ対策を固めて不注意による情報流出を防ぐために何をすべきかを検証する。

[Joseph Granneman,TechTarget]

 クラウドサービスは、この方向に進む専用の(プロプライエタリな)データが増えるに従い、セキュリティ専門家と犯罪集団の両方が注目し始めている。企業の管理者からすれば、クラウドベースサービスの設定は社内システムと同じくらい複雑なことだ。ユーザーのうっかりミスで、個人情報をインターネットで不特定多数の目にさらしかねない。過去にWindows XPやOracleのシステムを悪用するツールが開発されてきたのと同様、クラウドサービスの設定ミスを悪用するためのツールも開発されている。リソースをクラウドベースのインフラに移行する企業は、こうしたツールを研究し、自社の設定の安全確認のために利用する必要がある。

 本稿では1つのツールを取り上げ、それがAmazon S3の設定ミス悪用のためにどう使われるか、そして企業がAmazon S3のセキュリティ対策を固めて不注意による情報流出を防ぐために何をすべきかについて検証する。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

現代人の30のメディアライフスタイルとは?――電通調査
電通はビデオリサーチと共同で、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30のメディ...

news061.jpg

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audi...

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。