2011年02月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドのセキュリティを考える【第6回】米シマンテック担当者に聞く、「クラウド利用」を公言できない米国事情

米国でも日本同様、セキュリティなどへの懸念からクラウド導入に慎重な企業は多い。しかし近い将来、そのせきも一気に切られると米シマンテックの技術戦略担当ディレクターは予測する。

[谷崎朋子]

クラウド促進の鍵はiPad?

 Amazon.comVMwareGooglesalesforce.comなど、米国では大手クラウド事業者が次々と台頭し、巨大市場を形成しつつある。当然、米国の企業はどこよりも積極的にクラウドを導入しているかと思いきや、実際は「関心度ほどに導入は進んでいない」と、米シマンテックの技術戦略担当ディレクター マシュー・スティール氏は言う。

alt 米シマンテック エンタープライズ・セキュリティ・グループ 技術戦略担当ディレクター マシュー・スティール氏

 確かに、米国では小規模の企業を中心にかなり早い段階からクラウドへの取り組みが始まっている。また、中堅・大企業でもコンプライアンスやセキュリティに懸念があるとしながらも、本当は利用している企業が少なくない。「Symantecのネットワークインフラ監査サービスで、クラウドを利用していない、もしくはどうするか決めかねていると話していた顧客企業も、そのほとんどが何らかの形でAmazonクラウドを利用していた」(スティール氏)。クラウドが提供する価値を理解し、享受しようと先走りながらもセキュリティやコンプライアンスに不安があるため、公に利用していると言えない。それが現状なのかもしれない。

 しかし、こうしたジレンマもクラウドとモバイルの融合で早急な解消が求められることになる。

 スティール氏は、モバイルへの戦略を決定する際に、ある社内実験を行ったと明かした。1カ月間、一部社員に対して通常のPC利用を禁止し、代わりにiPadだけで業務を行ってもらうというものだ。当初はさまざまな課題が噴出していたが、最終的にある結論へ達した。それは、iPadのような形状のデバイスでデータ管理やシステムへのアクセスを行うには、クラウドが必須であるということだった。

 「さらに興味深かったのは、テスト期間終了後のことだ。iPadを取り上げられて渋々PC端末での業務に戻った社員は、デバイスが変わっても、クラウドベースのテクノロジーを利用する習慣が残ったままだった」(スティール氏)。モバイル端末を通じて実感したクラウドの利便性は、そう簡単には消えなかった。

 クラウドとモバイルの親和性は非常に高い。今後、業務でも使いたいと思わせるモバイル端末がさらに増えれば、企業はこれらを活用せざるを得なくなる。そして、今以上に安全かつ法令順守したクラウドサービスを求めるようになるだろう。

信頼から始まるクラウド活用

 では、安全かつ法令順守したクラウドサービスとは、どのようなものなのか。スティール氏はこれを「信頼」という一言で表した。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news054.jpg

アイレップ、フルファネルマーケティングを強化する分析システム「Per-SONAR Powered by Marketia」を提供
アイレップは、フルファネルマーケティングを強化する分析システム「Per-SONAR Powered b...

news008.jpg

Webサイトのスピード改善はUI/UX改善以上に効果あり――ゴルフルダイジェスト・オンライン担当者が断言
Webサイトの表示速度改善は離脱を減らしコンバージョンを増やすために取り組むべき重要課...

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...