2011年11月10日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ERP Now!【第11回】定番ERPだけじゃない、中堅・中小企業のERP選びに第2の選択肢

ERP市場をリードする中堅・中小企業市場。ERPには新興国など海外に進出する企業を支援する機能が求められる。どのような製品やソリューションがあるのか。定番ERPだけではない、第2の選択肢を紹介する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 ERPパッケージの主戦場が、大企業向け製品から中堅・中小企業向け製品に変わりそうです。中堅・中小企業の多くが海外展開を目指していて、拠点の早期立ち上げや、グローバルでの業務標準化にはERPが欠かせません。そのため中堅・中小企業の間であらためてERPが注目されています。この流れを受けてERPベンダーも中堅・中小企業向けのソリューションを相次ぎ発表しています。今回の「ERP Now!」では中堅・中小企業を狙うベンダーの動向を紹介しましょう。

アクセンチュアが中堅・中小向けERPに本格参入

画像 アクセンチュアの山本照晃氏

 これまで大企業向けのソリューションを得意としてきたアクセンチュアが中堅・中小企業向けの市場に本格参入します。ERPとして担ぐのはマイクロソフトの「Microsoft Dynamics AX」です。アクセンチュアは「SAP ERP」や「Oracle E-Business Suite(以下、Oracle EBS)」を使ったソリューションを多く手掛けてきました。それがなぜDynamics AXなのでしょうか。同社のテクノロジー コンサルティング本部 財務・経営管理 グループ シニア・マネジャーの山本照晃氏は「SAP ERP、Oracle EBSを展開しようとすると、現地法人で時間とコストが掛かり、早期展開の足かせになるケースがあります。現地法人向けのセカンドチョイス(第2の選択肢)としてDynamics AXを提供します」と話します。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

ZOZOテクノロジーズと戦略的パートナーシップを締結、DACが「WEAR」広告商品を独占販売
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムはZOZOテクノロジーズと戦略的パートナーシ...

news094.jpg

自社Webサイトの表示スピード計測ツール「SpeedCurve」、ドーモが提供開始
ドーモは、簡単な操作で継続してWebサイトのパフォーマーマンス測定が可能なSaas型ツール...

news062.jpg

ホリデーシーズン中の買い物、ついにモバイル経由が最多に――Salesforce.com予測
世界でデジタルショッピングが盛んになる上位5日は、ブラックフライデー、サイバーマンデ...