2011年07月14日 19時15分 UPDATE
ニュース

NEWSJD EdwardsをクラウドERPとして提供、日本オラクル

日本オラクルがパートナーと協力してERP「JD Edwards EnterpriseOne」をクラウドで提供する。運用管理を代替するサービスの他、従量課金でJD Edwardsを利用できるサービスも用意する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 日本オラクルは中堅企業向けに同社のERPパッケージ「JD Edwards EnterpriseOne」をクラウドで提供するサービスをパートナーと協力して行うと7月11日に発表した。早期の海外進出、海外拠点立ち上げを望む中堅規模の製造業を主なターゲットにする。

 クラウドサービスは顧客企業の年商別に2種を用意する。1つは年商100億円以上の企業向けで、オラクルの米国オースティンのデータセンターに顧客が所有するサーバなどのハードウェアを設置し、顧客ライセンスのJD Edwardsを導入する。サービス名は「JD Edwards EnterpriseOne On Demand@Oracle」。ERPパッケージの「Oracle E-Business Suite」などで既に提供しているクラウドサービス「Oracle On Demand」を活用する。オラクルの管理者がハードウェアやソフトウェアの管理を担当することで、顧客は運用管理コストを下げることができる。

 運用サービスは従量課金で支払う仕組みで、年間1300万円から。オラクルのパートナーが用意する業務・業種別のテンプレートをJD Edwardsに組み込むこともできる。同じ仕組みを日本国内のパートナーのデータセンターでプライベートクラウドのサービスとして展開できるメニューも用意する。パートナーとしてテンプレートを用意したり、システム構築で協力するのは、以下の14社。

  • アクセンチュア
  • イデア・コンサルティング
  • エクサ
  • NS・コンピュータサービス
  • ジェクシードコンサルティング
  • 新日鉄ソリューションズ
  • TIS
  • 東芝ソリューション
  • 中本・アンド・アソシエイツ
  • 日本アイ・ビー・エム
  • パシフィックシステム
  • 富士通中部システムズ
  • 富士通マーケティング
  • ワイ・ディ・シー

 もう1つのクラウドサービスは年商100億円未満の企業向けで、パートナー企業のデータセンターにJD Edwardsを構築し、顧客に従量課金で提供する。サービス名は「JD Edwards EnterpriseOne BPO プログラム」。顧客はライセンス、ハードウェア、運用課金のコストを負担する必要がなく、また、短期間でJD Edwardsを利用開始できる。ジェクシードコンサルティングがサービスを提供予定。利用料金は会計、販売管理、生産管理、在庫管理などのモジュールを使う場合で、月額10万円からの見込み。5ユーザーから利用でき、36カ月以上の契約が必要となる。他にパートナー数社が提供を検討している。

日本オラクルの代表執行役社長 遠藤隆雄氏

 中堅企業向けERPの市場は国産のERPベンダーが主に競いあっている。日本オラクルの代表執行役社長 最高経営責任者 遠藤隆雄氏は「国内だけの事業であれば、ドメスティックなERPでもいいが、グローバル展開で求められるスピードやコストを考えると、多言語・多通貨に対応したグローバルERPを使うのが一番早い」と話し、システムの早期立ち上げが容易なクラウドサービスを活用したサービスのメリットを強調した。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

Facebookで”刺さる”動画広告の条件とは? 中の人が解説
Facebookの人ベースの広告で良い結果を生むため、広告表現(クリエイティブ)はいかにあ...

news054.jpg

アイレップ、フルファネルマーケティングを強化する分析システム「Per-SONAR Powered by Marketia」を提供
アイレップは、フルファネルマーケティングを強化する分析システム「Per-SONAR Powered b...

news008.jpg

Webサイトのスピード改善はUI/UX改善以上に効果あり――ゴルフルダイジェスト・オンライン担当者が断言
Webサイトの表示速度改善は離脱を減らしコンバージョンを増やすために取り組むべき重要課...