2012年09月14日 08時00分 UPDATE
特集/連載

プロバイダーは1Tbps、ベンダーは400Gbps推し「テラビットイーサ」は次世代規格で本当に実現するか

次世代イーサネット規格のデータ伝送速度は1Tbpsになるのか。それとも400Gbpsにとどまるのか。関係各所の思惑が渦巻く中、標準化団体の米IEEEが結論を出すべく動き出した。

[Shamus McGillicuddy,TechTarget]

 帯域需要の急速な増加を背景に、米IEEEは次世代イーサネット規格の標準化に乗り出す。IEEEは最近、「IEEE 802.3 Industry Connections Higher Speed Ethernet Consensus」というコンセンサスグループを設置した。

 同コンセンサスグループは、IEEEが策定する次世代イーサネット規格を400ギガビットイーサネットにするのか、1テラビットイーサネットにするのか、あるいはその両方にするのかを判断すると、同コンセンサスグループの進行役であるジョン・ダンブロジア氏は述べる。ダンブロジア氏は、米Dellの最高イーサネットエバンジェリストを務める。

 こうした次世代規格の前世代に当たるイーサネット規格「IEEE 802.3ba」の策定に当たり、当時のコンセンサスグループがデータ伝送速度に関する方針を検討した際、企業ネットワークとサービスプロバイダーネットワークでは、帯域要件が異なるペースで増大していると判断した。実際、サーバ用の10ギガビットインタフェースの登場に伴い、コアスイッチやアグリゲーションスイッチでは40ギガビットイーサネットが必要になっていた。また、サービスプロバイダーは、モバイルデータ通信量の爆発的な増加に直面し、コアネットワークで100ギガビットイーサネットを必要としていた。

 こうした背景を受け、コンセンサスグループは、2つのデータ伝送速度を規定するイーサネット規格の策定を勧告した。こうして策定、承認されたIEEE 802.3baは、エンタープライズデータセンター向けに40Gbps、サービスプロバイダーのコアネットワーク向けに100Gbpsのデータ伝送速度を規定する(参照:【技術動向】100Gbps超えも目前、超高速化が進む「イーサネット」)。

 次世代イーサネット規格のデータ伝送速度を決定する過程でも、同様の議論が起こる可能性がある。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news062.jpg

ランドスケイプの企業データベース「LBC」がマーべリックのDMP搭載型DSP「Sphere」と連携
ランドスケイプは、同社の企業データベース「LBC」がマーベリックのDMP搭載型DSP「Sphere...

news068.jpg

ジーニー、CRM/SFAシステム「ちきゅう」を会社分割契約により事業承継
ジーニーは、ちきゅうが提供する中小企業向けCRM/SFAシステム「ちきゅう」の開発・販売...

news066.jpg

電通、広告統合プランニング・効果検証ツール「STADIA OOHプラス」(β版)を開発
電通は、テレビ広告とインターネット広告の統合プランニングを実現する「STADIA」の機能...