TechTargetジャパン

レポート
「セキュリティ過労」で担当者が疲弊、打つべき手は?
 有名企業・大企業にとどまらず、中小規模企業、公的機関や大学など、サイバー攻撃の被害は国内のさまざまな組織に急速に広がっている。組織にとってセキュリティの強化は喫緊の課題だ。一方、高い専門知識を有する人材は、必ずしも組織内に豊富にいるわけではない。結果...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
組み込みモジュール「COM Express」、最新の「タイプ7」とは?
 ADLINK CTOのジェフ・マンシュ (Jeff Munch) をリーダーとするPICMG COM Expressサブコミッティが策定した最新のCOM Express仕様が間もなくリリースされる。 最大4つの10GbE-KRインタフェースに対応したCOM Expressタイプ7にピンアウトは、将来の大きな発展の1つで、Io...(2016/5/9 提供:ADLINKジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月7日号:ネットワークスローダウンの処方箋
 Computer Weekly日本語版 10月7日号は、以下の記事で構成されています。■真の狙いは? Googleが保有特許を無償譲渡するプログラムを開始 Googleが、保有する特許をテクノロジー企業50社に無償譲渡すると発表。この大盤振る舞いにはもちろん裏がある。Googleの真の目...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly NAS vs. オブジェクトストレージ
 進化を続け、魅力的な製品が増えてきたオブジェクトストレージだが、一方でNASも進化を続けている。今導入するなら、NASとオブジェクトストレージのどちらを選ぶべきか。両者の特長や向いている用途、オブジェクトストレージの事例を通して検討する。 本PDFは以下の2つ...(2016/5/18 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
インフラ環境を15分でスピード導入――ハイパーコンバージド製品選択のポイント
 仮想化、サーバ、ストレージ、ネットワークなどのコンポーネントを統合したハイパーコンバージドインフラは、数多くのメリットにより導入企業も広がっている。ハイパーコンバージドインフラのメリットとしては、「運用が容易」「導入期間が短い」「拡張がしやすい」とい...(2016/4/25 提供:株式会社ネットワールド)

レポート
その時間と費用は本当に必要か? ストレージ更新の新旧モデルを徹底比較
 ストレージの典型的なライフサイクルは3〜5年といわれている。多くの企業では、全面的な入れ替え、システムの再購入、新しいストレージコントローラーやストレージメディアの配備などを行いながらストレージ基盤を更新している。しかし、この繰り返しによる時間と費用の...(2016/4/25 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

技術文書
今さら誰も教えてくれない「正しい物理インフラ構築・管理・作業の方法」
 物理インフラはデータセンターやサーバルームのネットワークやシステムそのものを支える基盤であり、その品質はそのままITシステムの信頼性を左右する。例えば、LAN配線の設置が乱雑な状態であると、その後の取り扱いが面倒になるだけでなく、セキュリティレベルの低下...(2016/3/1 提供:パンドウイットコーポレーション日本支社)

製品資料
ITの柔軟性とコスト削減をスピーディーに実現、ベストプラクティスに基づいた仮想化ソリューションとは
 ITサービスの柔軟性とコスト削減は、どの企業も抱える喫緊の課題である。しかし、従来のITサービス提供モデルでは、さまざまなコンポーネントの調達から設計、検証、構築などの複雑なプロセスが必要で、アーキテクチャのライフサイクルに及ぶこうした要因は複雑さを増大...(2015/11/18 提供:デル株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 2月17日号:ストレージアーキテクチャ二番勝負
 Computer Weekly日本語版 2月17日号は、以下の記事で構成されています。■Facebookのザッカーバーグ氏も2016年の挑戦に掲げるAI開発の課題■オールフラッシュとハイブリッドフラッシュ、徹底的に比べて分かったこと■働き方がこんなに変わる「ゼロクライアント」導入成...(2016/2/17 提供:アイティメディア株式会社)

事例
20本のラックが1本に、保守費用は40分の1、大規模ハイパーコンバージド導入の威力
 「ハイパーコンバージドインフラストラクチャ」は、サーバだけでなく、ストレージも大幅に集約できるテクノロジーとして注目されている。物理サーバ、SAN/NAS、ストレージが1つの筐体で高密度に統合された製品を利用するシンプルな構成のため、リソースの追加も容易で...(2016/2/10 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

レポート
データベース統合の実現に、ネットワークサーバとハイブリッドストレージの垂直統合という選択
 従来、ITシステムでは業務、地域、部署ごとにDBを設置していたため、新規導入や更新に際してサーバ、ストレージ、ネットワーク、OS、DBのシステム設計コストなどの費用が発生してきた。また、運用面でも電気代、設置場所、資産管理などの費用が発生する。DBを統合すれば...(2016/1/12 提供:株式会社日立製作所)

製品資料
柔軟なITインフラ実現の鍵、次世代コンバージドインフラの実力を探る
 ITの敏しょう性や効率性の観点から、システム統合、リソース効率化、管理の一元化、投資コスト低減を実現するコンバージドインフラストラクチャに注目が集まっている。サーバ、ストレージ、ネットワーク、および管理機能を1つのユニットに配置し、構成を変更するだけでI...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

事例
事例:ヤフーを支えるセキュアなインフラ刷新、その評価のポイントとは?
 ヤフーでは既存のコンテンツ配信プラットフォーム(CDN)の運用を開始してから4〜5年が経過し、モバイルアクセスの伸びによるトラフィック量やcps(コネクション/秒)の増大に対応するため、CDNの全面刷新を計画。新しいCDNでは従来の5倍の200Gbpsの高帯域ネットワーク...(2015/12/3 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

製品資料
数字で見る、Skype for Businessによるワークスタイル変革の効果とは?
 コスト削減や従業員の生産性向上を目的に、音声やテレビ、Web会議、インスタントメッセージ、構内交換機(PBX)の代替などの機能を提供する統合コミュニケーション基盤(UC&C:ユニファイドコミュニケーションおよびコラボレーション)を活用する企業が増えている。 中...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly F1を支えるIT 2015
 英国メディアのComputer Weeklyでは、F1関連の記事も掲載される。本PDFは、Computer Weekly日本語版が2014年に掲載した翻訳記事の総集編である。モータースポーツ専門誌と異なり、IT系メディアとして普段目にすることのないサーキットやF1チームの内情、IT事情を伝えて...(2015/12/9 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
自動運転支援に向けた、IoT基盤を活用したコネクティッドカーの取り組み
 さまざまなモノがネットワークにつながるIoTの到来により、10年後には500億から1兆ものデバイスがネットワークに接続すると予測されている。IoTの価値は、「インダストリーの変革」「アプリケーションとソリューション」「プラットフォーム」「デバイスとネットワーク」...(2015/12/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
普及が進むデスクトップ仮想化(VDI)、オープンで標準化された技術によるリファレンスアーキテクチャとは
 デスクトップ仮想化(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)は、事業継続性の向上、セキュリティ強化、クライアント端末の運用管理の負荷軽減、ワークスタイル変革(在宅勤務やリモートアクセスによる従業員の生産性向上)など、ビジネスに大きなメリットをもたらす。(2015/11/18 提供:デル株式会社)

レポート
10億ドル市場に急成長、“セキュリティ製品多過ぎ問題”を一掃する「UTMアプライアンス」とは
 企業は、社内のシステムを守るべく、ファイアウォールやマルウェア対策、VPNなど多くのセキュリティ製品を導入する必要がある。しかし、さまざまなベンダーのセキュリティ製品を導入した場合、インタフェースの違いから管理が複雑になったり、膨大なコストが掛かってし...(2015/11/18 提供:図研ネットウエイブ株式会社)

レポート
5年間でTCOを62%削減、プライベートクラウドに関する意外な調査結果とは?
 テクノロジーの進化に伴いITインフラの選択肢は増えており、ハードウェアの購入、所有から、パブリッククラウドサービス利用による運用移行を検討する企業も増えている。一方で、パブリッククラウドの中には、長期的にはコスト増を招く恐れもあり、ピーク時のサービス品...(2015/11/18 提供:デル株式会社)

製品資料
サーバ容量節約だけではない、メールアーカイブで「監査能力が向上」
 「電子帳簿保存法 第10条」や「関税法 第94条」などでは、電子取引にかかわる記録の保存が義務化され、電子メールの保存も必要となる。また米国企業との取引でトラブルが発生した場合「e-ディスカバリー法」において電子情報の証拠開示手続きが取られることがあり、そこ...(2015/10/16 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

製品資料
HDDの20倍の応答速度? データから読み解くオールフラッシュストレージ入門
 多くの企業にとって、業務処理のスピード化をもたらすシステム高速化は、ビジネスに直結した企業課題である。その高速化に欠かせない技術として注目が集まるフラッシュストレージは、高速なデータ転送性が評価される一方、堅牢で効果的なデータ保護、シームレスな拡張性...(2015/10/8 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
ストレージのオールフラッシュ化、性能を引き出すコツは「接続形態」にあった
 データ量の増加とともに切実な問題として浮上してくるストレージのI/Oボトルネックを解消する上で、有効な手段となるのがオールフラッシュアレイの導入だ。ただし、既存のHDDベースのストレージを単純にオールフラッシュアレイに置き換えるだけではストレージ利用環境を...(2015/10/8 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

事例
30時間を3時間に短縮、光華女子学園が見直したバックアップ体制の秘訣とは?
 幼稚園から大学・大学院までを擁する京都の総合教育機関の光華女子学園。教育現場では、学生自ら主体的に考える力を身につけるアクティブラーニングなど、最新の教育手法を取り入れ学園改革を進めている。 その一方で、オンデマンドで学習できるeラーニングの推進や...(2015/10/30 提供:Arcserve Japan合同会社)

技術文書
構築ガイド:コンテナ型仮想化環境でオープンソースSDSを利用する
 オープンソースソフトウェアを使ったSDS(Software-Defined Storage)により、コストを抑えつつ、大量のデータ管理を柔軟に行うことができるのがRed HatのRHGS(Red Hat Gluster Storage)である。DockerはLinux上で独立した別のLinuxを起動できる、コンテナ型仮想化ソ...(2015/10/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

講演資料
新しいデータベースチューニングの方法論まとめ 〜最新技術と評価資料〜
 システム全体のスループットを高める必要があるデータベースシステムの性能改善では、SQLチューニングなどのソフトウェア的な対策に加え、構成するハードウェア全体をバランス良く性能向上させていく必要がある。 高速なI/Oを特徴とするフラッシュストレージが普及期を...(2015/10/7 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月16日号:フラッシュストレージ セカンドシーズン
 Computer Weekly日本語版 9月16日号は、以下の記事で構成されています。■コード分析で分かった「商用ソフトはOSSよりセキュリティが強固」な理由とは? 5400件以上のOSSプロジェクトを解析してきたCoverityが、オープンソースコードと商用プロジェクトのコードを比較...(2015/9/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
予測不可能な次の20年に備える自由なインフラへ 「Old IPとNew IP」その違いとメリット
 ビジネスに選択の幅と柔軟性をもたらす第3のプラットフォームへの対応は、IT部門にとっても喫緊の課題となっている。データ量は増大し、ネットワークは拠点や人だけでなく、無数のモノをつなぐIoTへと変化してきている。第3のプラットフォームでは、モバイル、ソーシャ...(2015/9/18 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

事例
5年間のTCO20%削減を目標 みずほ情報総研のベンダー選定の評価ポイントとは?
 2012年4月、みずほ情報総研では仮想サーバ環境の集約率を高めること、およびストレージネットワーク環境への仮想化技術の適用を強化することを基本要件に、マネージドクラウドサービス基盤を大幅に刷新した。 サービス提供のスピードアップ、一層の柔軟性の獲得、コス...(2015/9/16 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
侵入前と侵入後「アプライアンス+エージェント」で標的型攻撃に備える
 標的型攻撃の手法は年々巧妙化している。日本年金機構における情報漏えい事件の詳細が明らかになるにつれ、いかに最新のマルウェア情報や攻撃手法を入手し、迅速にシステムへ適用するかの重要性と、侵入されることを前提とした対策の必要性が認識された。 攻撃に使われ...(2015/8/14 提供:ダウジャパン株式会社)

レポート
検証:15分で設定可能? 運用の懸念は? ハイパーコンパージド製品を検証してみた
 新しい種類のサーバである「ハイパーコンパージド製品」は、共通ストレージアレイを利用せず、個々のサーバに内蔵されたストレージを仮想化ソフトウェアによって単一のストレージプールとして構成、利用する。これにより物理的な共通ストレージアレイが不要となり、SSD...(2015/8/27 提供:横河レンタ・リース株式会社)

Loading