TechTargetジャパン

製品資料
「ハイパーコンパージドインフラ」の気になる最新情報・選定ポイントを大公開
 仮想化基盤の導入・運用においてはさまざまな課題が考えられる。導入までに必要なサイジング・検証にかかる時間やリソース不足、また運用開始後の設計・管理・障害対応の難しさやサーバのパフォーマンス不足、担当エンジニアのリソース不足などが問題となりやすい。 そ...(2017/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
TCO大幅削減を狙うには? 自社に合ったハイパーコンバージド製品の見極め方
 複雑性の排除や限界のない拡張性などのメリットを持ち、今後企業インフラの主流になると見込まれるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。IT専門の調査企業IDCによればTCOを最大で60%削減できる製品も登場しており、多くの企業が注目している。 ただ、一口にHCIと言っ...(2017/8/15 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

レポート
いまさら聞けない「統合脅威管理(UTM)」の基礎知識
 統合脅威管理(UTM)システムには多数のセキュリティ機能を搭載してあり、1台で幅広い脅威を防御できるのが特徴だ。とはいえ近年は、次世代ファイアウォール(NGFW)とUTMの機能的相違が曖昧になりつつあり、どちらも「ネットワークセキュリティのリスクを最小限に抑え...(2017/10/12 提供:シーティーシー・エスピー株式会社)

レポート
「NVMe」など新技術で加速、「ストレージネットワーク高速化技術」のこれまでと今後
 企業のストレージ環境を高速化する技術の選択肢は、ますます充実している。ファイバーチャネル(FC)は終焉を迎えると予測する声もあるが、市場調査を見ると、依然としてミッションクリティカルなアプリケーション向けに多く利用されている。イーサネットはストレージネ...(2017/9/7 提供:アイティメディア株式会社)

事例
OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは?
 BMW Groupは、車内外の顧客体験を強化するクラウド専用アプリなどを利用して収益拡大を促進している。その一方で、既存のプライベートクラウド環境では、インタフェース開発の遅れや、アプリケーション動作環境の問題、社内メンテナンスに多くの時間・コスト・人材が必...(2017/9/8 提供:インテル株式会社)

事例
1600人が利用してもVDIが安定稼働、東北大学が選んだ仮想化環境専用ストレージ
 東北大学は、事務職員用の端末の更新を機にICTガバナンスの強化と運用管理の効率化、セキュティ強化を目的としてVDI環境を導入した。約1600人の事務職員が利用するVDI環境において、常に安定したパフォーマンスを実現し、大学運営を支えているという。 VDI環境導入に際...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

事例
仮想マシン急増は要注意、TKCに学ぶストレージの危機回避
 仮想化環境の導入時に見落とされがちな課題の1つに、仮想マシンの増加に伴うストレージ性能の低下がある。この状態に陥ると、一部の仮想マシンの負荷増大が、他の仮想マシンを圧迫し、連鎖的な性能低下が生じるようになる。もし、システムが業務と直結しているのであれ...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

事例
ブートストームをものともせずに数秒で起動――伊達市がVDI環境に施した工夫
 仮想デスクトップ(VDI)環境では、始業時などに多数のアクセスがシステム基盤に集中することでパフォーマンスが低下する「ブートストーム」が問題となる。これは多数の仮想デスクトップからストレージへの入出力が集中することにより生じる現象で、システム全体として...(2017/9/7 提供:富士通株式会社)

製品資料
「オールフラッシュアレイ」12社25モデルをガチンコ比較、今選ぶならどれ?
 オールフラッシュアレイ(AFA)の普及が進んでいる。今日の競争では、大が小を制するのではなく、より速いものが遅いものを制す。大半の場合、AFAは導入から18カ月ほどで投資回収が可能だ。また、従来のストレージシステムの維持管理コストよりも低いとの報告も多く寄せ...(2017/8/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
ワンタッチでビデオ会議を開始、「Skype for Business」をさらに効率化する方法
 SOHOやテレワークなど働き方が多様化したことで、ビデオ会議を採用する企業が急速に増えている。特に数人から20人程度までの規模で行われるハドルミーティングを行う企業が多く、小規模向けや中規模向けのビデオ会議システムへのニーズが高まっている。 しかし、これま...(2017/8/18 提供:株式会社ロジクール)

レポート
ハイブリッドクラウドをデザインしよう──自社に最適なクラウド環境の作り方
 クラウドコンピューティングは影響範囲を広げ、今では新規のIT費用のかなりの部分を占めている。その一方で、クラウドの導入率が高まったとしても、約半数のワークロードはオンプレミスサーバにとどまるともいわれており、ハイブリッドクラウドの重要性がますます高まっ...(2017/8/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
仮想マシンを効率的に保護、ハイパーコンバージドに適したバックアップの手法は
 システム障害やサイバー攻撃などのリスクへの備えとして不可欠なバックアップ環境。近年、導入が進むハイパーコンバージドインフラでは、特に慎重な製品選びが求められる。そのため、バックアップ時間、仮想マシンの保護、ライセンスコストなどについて総合的に判断する...(2017/7/31 提供:株式会社日立システムズ)

事例
物理サーバの役割を30秒で変更、仮想化不要でインフラ構築を自動化するには?
 外国為替証拠金取引(FX)市場で、年間684兆円もの売買実績を誇るSBIリクイディティ・マーケット。そのビジネスの基盤となるFX取引システムでは、24時間無停止で、1日あたり1億件以上のトランザクションがリアルタイムで処理されている。 これだけの処理を支えるために...(2017/7/25 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
「データセンター配線」規格ガイド――40Gbps/100Gbpsイーサネットも徹底解説
 データセンターの配線を考える上では、配線規格である「ISO/IEC 24764」や、イーサネット/ファイバーチャネル/インフィニバンドなどを用いた配線システムに関する正しい理解が求められる。もちろん、現在の主流となっている製品や技術をフォローすることも欠かせない...(2017/3/17 提供:コムスコープ)

製品資料
ネットワーク仮想化で耐障害性を強化、データセンター向けVXLANゲートウェイ
 ビジネスの柔軟性や俊敏性を向上させるため、多くの企業が次世代型データセンターへの移行に取り組んでいる。その有力な方法の1つがネットワーク仮想化だ。中でも、統合型VXLANゲートウェイによる仮想化は、セキュリティを停止させることなく迅速に実装できるため、大き...(2017/7/5 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

技術文書
ネットワーク仮想化のパフォーマンス問題を理解、強化のポイントは?
 通信サービスプロバイダー(CSP)の間では、新サービスの迅速な投入とネットワーク運用コスト削減の両面の視点から、ネットワーク仮想化(NFV)に注目が集まっている。NFVはファイアウォールなどのネットワーク機能を専用ネットワーク機器から標準的なx86サーバ上で動作...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

技術文書
システム停止を防ぐ、高信頼性のLAN配線構築に必要なものとは?
 システムのパフォーマンスにおいて、LAN配線などの物理層の重要性があらためて認識されつつある。実際、ネットワーク問題の過半数は配線に起因している。この物理層のトラブルを未然に防ぐには、ネットワーク構築時に伝送・配線規格に則したLAN配線の認証試験を行うこと...(2017/6/30 提供:株式会社 TFF)

製品資料
「ビッグデータ分析」実践ガイド:導入と活用を成功させるプランニング
 ビッグデータ技術は日々進化し続けており、最近ではIoTデバイスなどからの膨大なデータストリームをリアルタイムに処理して予測分析を行う、といったことも可能になってきた。これにより最新の情報を駆使して、より迅速なビジネス展開を実現できる。 しかし、こうした...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

製品資料
データセンター変革を実現する技術とは? 2wayサーバ向けプロセッサを徹底解剖
 急速に変革が進むデータセンターにおいて、プロセッサが省電力化やパフォーマンス向上、TCO削減などの面で与えるインパクトは大きい。その進化は依然として早く、処理速度向上の限界がささやかれ始めた近年でも、前世代のモデルと比べてコア数とキャッシュを20%向上さ...(2017/6/5 提供:インテル株式会社)

事例
OpenStackで構築するソフトウェア定義インフラ、俊敏性を高めるポイントは?
 BMW Groupは、車内外の顧客体験を強化するクラウド専用アプリなどを利用して収益拡大を促進している。その一方で、既存のプライベートクラウド環境には、インタフェース開発の遅れや、アプリケーション動作環境の問題、社内メンテナンスに多くの時間・コスト・人材が必...(2017/6/5 提供:インテル株式会社)

技術文書
ラックマウントサーバで構築するハイパーコンバージド――導入手法を徹底解説
 データセンター運用において頭が痛いインフラの複雑化。運用・保守を考えれば、データセンターの構成をシンプルにし、コストやスキルを要求されるSANなしに構築できることが望ましい。 そこで注目されるのが、仮想化環境の最適化や容易なリソース拡張が可能なラックマ...(2017/5/24 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

技術文書
光ファイバー認証試験を徹底解説――損失許容値の算出と試験・トラブル防止まで
 データセンターの中核というべき光ファイバーネットワークに対する要求レベルは年々高まってきた。伝送レートが10Gbpsから40Gbps、100Gbpsへと高速化するとともに、高密度化を求めてMPO/MTP配線システムが普及。こうした変化の中で、ダウンタイムの発生やパフォーマン...(2017/6/30 提供:株式会社 TFF)

製品資料
ECCハード処理、FPGA活用――クラウドでも最適な次世代ロードバランサー/ADCとは
 近年は、Webサイトの「常時SSL化」に取り組む企業が増え、SSL復号の処理が増大している。また、アプリケーションのビジネス価値が増大するにつれ、情報流出問題やDDoS攻撃によるサービス停止に伴うブランド毀損やビジネス機会の損失への対処する方法が求められている。(2017/5/16 提供:F5ネットワークスジャパン合同会社)

技術文書
x86サーバで実機検証:Windows Server 2016で構築するハイパーコンバージド
 データセンターに求められる高度なセキュリティ機能を備え、オンプレミスとクラウドのシームレスな連携を実現する「Windows Server 2016」。数々の新機能の中でも特に注目されているのが、OSの標準機能のみでハイパーコンバージドインフラ(HCI)の構築まで行える「記憶...(2017/5/16 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

レポート
コスト・運用負荷比較:ハイパーコンバージドインフラと独自構築システム
 データセンターのフットプリントの削減や煩雑なシステム管理のシンプル化などの需要に伴って、独自構築(BYO)システムからハイパーコンバージド製品へ移行する企業が増えてきた。では実際のところ、ハイパーコンバージド製品とBYOシステムで、TCO(総所有コスト)やTCA...(2017/5/24 提供:デル株式会社)

製品資料
仮想化基盤の新潮流、ハイパーコンバージドNutanixの全てを解説
 従来型の仮想化基盤の信頼性・安全性と、パブリッククラウドの俊敏性・拡張力を兼ね備えたWebスケールの仮想化基盤であるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。仮想化に必要な機器・ソフトウェアが統合されているため、相性を検証する必要なく、30〜60分という短時間で...(2017/2/1 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
中・大規模データセンターで構築、最新アプリ運用に最適なネットワークとは?
 現在のデータセンターは高度分散型のアプリケーションを活用するため、サーバ側では1ギガビットイーサネット(GbE)と10GbEの混在環境が必要になり、さらには40GbEのアップリンク環境が求められるようになっている。こうした環境で起こりやすいのは、数百、数千にも及ぶ...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
オールフラッシュならではの「新たなストレージアーキテクチャ」とは?
 いまやストレージはオールフラッシュが主流となる時代に突入した。しかし現在でも、多くのストレージにはディスクストレージのために開発されたテクノロジーや、ディスクストレージ時代のアーキテクチャが使い続けられており、フラッシュの特性を必ずしも生かし切れてい...(2017/3/29 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

製品資料
IT環境のボトルネックを解消――課題別ストレージ選びのポイント
 データは企業がビジネスを遂行する上で不可欠なものだが、常に増え続けるデータを万全に保護し、活用できるかどうかは、その置き場所であるストレージ次第となる。そのストレージも、いまや多種多様な製品が市場に出回っており、一体どれが適しているのか、選定に悩むユ...(2017/3/24 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
通信事業者級の安全性を実現、大規模ネットワークに最適なサービスゲートウェイ
 ファイアウォールなどのネットワークセキュリティ機能は、利用する規模に応じて、求められる性能や機能が違ってくる。大規模ネットワークでは、支店や中・大規模拠点で利用される製品とは桁違いのスループット性能や、より高度なセキュリティが求められる。 本コンテン...(2016/11/21 提供:マクニカネットワークス株式会社)

Loading