TechTargetジャパン

技術文書
「データセンター配線」規格ガイド――40Gbps/100Gbpsイーサネットも徹底解説
 データセンターの配線を考える上では、配線規格である「ISO/IEC 24764」や、イーサネット/ファイバーチャネル/インフィニバンドなどを用いた配線システムに関する正しい理解が求められる。もちろん、現在の主流となっている製品や技術をフォローすることも欠かせない...(2017/3/17 提供:コムスコープ)

製品資料
仮想化基盤の新潮流、ハイパーコンバージドNutanixの全てを解説
 従来型の仮想化基盤の信頼性・安全性と、パブリッククラウドの俊敏性・拡張力を兼ね備えたWebスケールの仮想化基盤であるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。仮想化に必要な機器・ソフトウェアが統合されているため、相性を検証する必要なく、30〜60分という短時間で...(2017/2/14 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
中・大規模データセンターで構築、最新アプリ運用に最適なネットワークとは?
 現在のデータセンターは高度分散型のアプリケーションを活用するため、サーバ側では1ギガビットイーサネット(GbE)と10GbEの混在環境が必要になり、さらには40GbEのアップリンク環境が求められるようになっている。こうした環境で起こりやすいのは、数百、数千にも及ぶ...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
限られた予算でIT環境を改善、最短で課題解決を目指すハード選びのポイント
 企業のIT部門は、複雑なIT環境の運用管理やメンテナンスに日々頭を悩ませているが、その間も経営部門やユーザーから困難な要求が次々と寄せられる。そのため、課題はなんとなく理解できていても、限られたIT予算の中で、どのように解決を図ればよいのか分からなくなるこ...(2017/3/24 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
通信事業者級の安全性を実現、大規模ネットワークに最適なサービスゲートウェイ
 ファイアウォールなどのネットワークセキュリティ機能は、利用する規模に応じて、求められる性能や機能が違ってくる。大規模ネットワークでは、支店や中・大規模拠点で利用される製品とは桁違いのスループット性能や、より高度なセキュリティが求められる。 本コンテン...(2016/11/21 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
仮想化/クラウド環境のコスト削減――運用自動化に向けたネットワーク仮想化
 仮想化やクラウドの技術により、サーバ/リソースのデプロイはオンデマンドで容易に実行できるようになった。しかし、システム全体の効率化やコスト削減を進める上では、もう1つ解消しなければならない課題がある。それは、従来型ネットワークが抱える「設定や運用の複...(2017/2/16 提供:SCSK株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージドインフラNutanixで快適に動く仮想マシンの台数は?
 TCO削減につながる仮想化基盤として注目されるハイパーコンバージドインフラ(HCI)。多数のユーザーが仮想マシン(VM)を快適に利用できるようにするためには、現実的に搭載可能な台数を把握することが欠かせない。 そこで、NX-3460 1ブロックで、VMware Horizon View...(2017/2/7 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
ニーズに合わせて選ぶハイパーコンバージド製品、定番ラインアップをチェック
 仮想化環境の構築に必要な機器がオールインワンでそろうハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、他にも仮想デスクトップや業務アプリケーションの運用、リモートオフィス、テスト・開発などさまざまな場面で活用されている。 そのニーズ拡大に応じて、製品モデルも多...(2017/1/26 提供:テクマトリックス株式会社)

製品資料
ネットワーク障害対応を迅速化、多ポートキャプチャーで複数箇所をキャプチャー
 ネットワークの高度化により企業の生産性は大きく向上したが、その一方で、ネットワークトラブルへの対応業務が煩雑化している。障害箇所や怪しいデバイスを調べるために、複数箇所でパケットキャプチャーを行い、1台ずつデータを確認、さらにそれぞれ取得したデータを...(2017/2/16 提供:株式会社東陽テクニカ)

製品資料
30分でセットアップ完了、ハイパーコンバージドで構築する仮想化基盤
 仮想化基盤の導入・拡張に、頭を悩ませているIT部門は少なくない。サーバやストレージ機器の選定には互換性チェックなどが必要となり、導入時には各機器の設定に数日かかることも珍しくない。その上、導入後には、仮想マシンに必要なパラメータ設定作業が残っている。 ...(2017/1/26 提供:テクマトリックス株式会社)

比較資料
比較で検証、ディープラーニング専用機の処理能力と電力効率の可能性
 画像認識や音声認識に活用される「ディープラーニング」技術。ここ数年で実用化が急速に進んだ結果、写真の自動分類サービスや商品のレコメンドシステムなど、身近な事例も増えてきた。業界を問わず多くの企業が、この技術を新しい価値の創出に応用しようと研究を重ね始...(2017/1/30 提供:GDEPソリューションズ株式会社)

講演資料
作ってみようハイパーコンバージドインフラ、Windows Server 2016での作り方
 新世代のIT基盤として期待されるハイパーコンバージドインフラ。サーバ、ストレージ、ネットワークを統合したノードを複数組み合わせて、リソースプールとして一元管理、クラウド基盤として利用できるようにしたものだ。運用管理が格段と容易になるほか、ノードの増設に...(2016/12/12 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
「光ファイバー認証試験」実践ガイド:基礎から分かる高速回線の高確度測定と診断
 モバイル機器の普及やビデオ情報の高精細化などが進んだことにより、光ネットワークの伝送レートも10Gbpsから40Gbps、100Gbpsへと高速化を続けている。それに伴い、光ファイバー認証試験への要求もかつてないほど厳しいものとなりその重要性も増している。 特に光ファ...(2016/12/15 提供:株式会社 TFF)

製品資料
ハイパーコンバージドインフラのメリットを生かすバックアップアプライアンス
 サーバおよびストレージの運用・導入をシンプルかつ簡単に実現するハイパーコンバージドインフラを取り入れる企業が増加している。ハイパーコンバージドインフラを導入する中規模環境での事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)対策で、想像以上に大きな負担となるバック...(2016/12/9 提供:arcserve Japan合同会社)

レポート
徹底検証:データセンター向けサービスゲートウェイの「稼働中の拡張能力」は?
 データセンターにおける統合型のセキュリティ基盤として導入が進むサービスゲートウェイ。その最大の特徴は、サービスの稼働中にもさまざまな拡張を行えることにある。それでは、その効果は実際にどれほどのものなのだろうか。 本コンテンツでは、データセンター向けサ...(2016/11/18 提供:マクニカネットワークス株式会社)

製品資料
Skype for Businessと固定電話を統合、ハイブリッド通話システムの実力は?
 近年、ビジネスにおけるコミュニケーション環境は大きく変化し、ソフトフォンによる音声通話やビデオ通話、ビデオ会議などが多くの企業で日常のコミュニケーション手段となりつつある。ソフトフォンはメールやメッセージ、Webなどとも親和性が高く、またスマートフォン...(2016/11/4 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 11月1日号:ネットワーク機器はもういらない
 Computer Weekly日本語版 11月1日号は、以下の記事で構成されています。■故障率58%! なぜiPhoneの故障率が急増したのか■消費者協会がWindows 10アップグレード戦略に激怒、Microsoftの回答は?■選択肢は2つ:ストレージのボトルネック解消プロジェクトの最適解と...(2016/11/1 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ハイパーコンバージドインフラ徹底解剖、導入・運用・拡張をシンプル化する方法
 サーバやストレージ、ネットワークスイッチ、テープ装置などを組み合わせた旧来のシステムは、物理配線も複雑になり、運用管理に多くの工数や時間を要する。また、システムリソースの増強などが迅速に行えず、ユーザーニーズへの即応も困難となる。 そこで、これらの課...(2016/10/31 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
次世代型ファイアウォール選びで“絶対に妥協してはいけない”2つの条件
 次世代ファイアウォール(NGFW)は侵入検出や防止、アプリケーション識別、アイデンティティー管理など、さまざまな機能を単一システム内で実行する。これにより高度なネットワークセキュリティ分析やマルウェア検知を実現できるが、この能力と引き替えにパフォーマンス...(2016/9/30 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージド導入のメリットを比較検証――コストと管理の手間はどう変わる
 米調査会社のEdison Groupの調査によると、現在の企業ITインフラの市場は、BYO(独自構築)システムからハイパーコンバージドアプライアンスに大きく移行し始めているという。ハイパーコンバージドシステムの移行は、大きな潜在的メリットが得られる一方で、その判断に...(2016/10/3 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
仮想化とクラウドを最大活用、ネットワークアーキテクチャはどう革新させるのか
 ネットワークとアプリケーションの待ち時間を減らすという課題は、仮想環境やクラウドシステムをデータセンターで運用している企業にとって、常につきまとうものだ。多様なアプリケーションが次々と導入され、大規模な分析作業や開発プロジェクトが進められるようになっ...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
オンプレミスで構築する「グローバルファイル共有システム」
 国内外に複数の拠点を持つユーザーの多くは、拠点ごとにファイルサーバを導入する必要があり、データが分散することによるセキュリティリスクと、バックアップや災害対策などデータ保護のためのコストや運用の負担を余儀なくされていた。 SCSKは、このような課題に対し...(2016/10/7 提供:SCSK株式会社)

講演資料
自動運転支援に向けた、IoT基盤を活用したコネクティッドカーの取り組み
 さまざまなモノがネットワークにつながるIoTの到来により、10年後には500億から1兆ものデバイスがネットワークに接続すると予測されている。IoTの価値は、「インダストリーの変革」「アプリケーションとソリューション」「プラットフォーム」「デバイスとネットワーク」...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
SATA SSD 8台相当のIOPSは本当か? x86サーバでNVMe対応SSDの実力を徹底検証
 従来のストレージ製品よりも高い転送速度と低いレイテンシを実現するNVMe対応SSD。サーバ製品の選定で重視される技術の1つだが、実際に導入するためには、パフォーマンスだけでなく信頼性や保守性を含めた十分な検証が求められる。 そこで、XeonプロセッサのE5-2600 v4...(2016/9/12 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

レポート
コントローラー性能で大きな差、検証で分かったDBに最適なオールフラッシュの条件
 データベース(DB)環境のボトルネックを解消する方法として、オールフラッシュストレージへの移行が進んでいる。しかし、一口にオールフラッシュといっても、複数のタイプがあり、どれがベストなのかは実際にOLTPを検証してみるまではなかなか分からない。 一般的にDB...(2016/9/6 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

製品資料
構成別価格がまる分かり、低コスト・高性能ストレージ選びの“目の付け所”
 フラッシュストレージの低価格化が進み、エントリー価格の製品でも高いパフォーマンスが得られるようになった。そのため、中小規模の企業でも高性能なストレージ環境への移行が進んでいるが、選択肢も増えていることから製品選びに悩むケースも見られる。 低コスト運用...(2016/9/13 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
DB稼働中に容量・性能拡張/障害対応、ストレージの可用性を高める秘訣
 例えば10年間、同じストレージ製品を使い続けたとして、その間に一切の容量・性能の拡張や部品交換、障害対応がゼロというケースはまずあり得ない。管理者にとって頭が痛いのは、そうした作業そのものではなく、データベースなど他のシステムに影響を及ぼす、もしくは停...(2016/9/1 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
x86サーバ vs. Itaniumサーバ、3年間の運用でTCOに驚きの差
 これまでRAS(信頼性、可用性、保守性)の低下と引き換えに、他のシステムよりも低コストを実現する手段と見なされがちだったx86サーバ。新しいx86システムがこのイメージを一掃したことにより、ミッションクリティカルなデータベースソフトウェアなどの移行先としての...(2016/8/17 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

製品資料
脅威検知を迅速化、セキュリティ分析のための「コールドストレージ」構築法
 サイバー犯罪は頻度と巧妙化の両面で成長を続け、脅威への対応の遅れが招く被害も年を追うごとに増大している。そのため、これらのリスクを最小化するセキュリティ対策には、「自動化」と「リアルタイム性」が要求されるようになった。 そこで、ルーター、スイッチ、We...(2016/8/31 提供:レッドハット株式会社)

製品資料
スケーラブルで省電力なVDI、「3つの視点」でROI・生産性・モビリティを最大化
 VDI(仮想デスクトップインフラ)環境の導入では、ROIの向上、生産性とモビリティの最大化が常に重要な検討事項となる。その具体的な目安となるのが、例えば、ユーザーの予算当たりのIOPSや、ユーザーエクスペリエンスだ。 サーバ1台当たりのVDIデスクトップ数はI/Oパ...(2016/8/17 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

Loading