既設ケーブルで“400GbE” ワールドカップを支えた「光ファイバー技術」とはワールドカップを支えたネットワーク【後編】

2022年11月、中東カタールでサッカーのワールドカップが開催された。観客のワールドカップ視聴を支えた光ファイバーネットワークと、それを構成する技術とは。

2023年02月15日 05時00分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 2022年11月、中東初開催のサッカーワールドカップが開催された。中東を拠点に事業を展開するネットワークベンダーGulf Bridge International(GBI)は、より良いワールドカップの視聴体験を届けるため、光ファイバーネットワークを強化した。

ワールドカップを支えた“400GbE”の「光ファイバーネットワーク」とは

 GBIは、ネットワーク製品ベンダーInfineraの光エンジン(注1)「ICE6 800G Generation Optical Engine」(ICE6 800G)を、GBIの海底と地上における光ファイバーネットワーク全体に導入した。これにより以下を同時に実現した。

  • 海底と地上のネットワークの、1bit当たりの通信コストを最小限に抑制
  • 周波数の利用効率と光ファイバーの伝送容量を最大限に向上

※注1:光電信号変換を実現するための光トランシーバーの主要部分

 これらの成果は、Infineraが提供する以下の技術によって実現した。

  • 個別にルーティング可能なナイキストサブキャリア(注1)
  • 前方誤り訂正(FEC)(注2)のゲインシェアリング(注3)
  • 光集積回路技術

※注1:単一の高速波長を複数のサブキャリアに分割し、帯域幅(回線路容量)の拡大を実現する技術

※注2:データ送信の際、誤送信を見越し、あらかじめ一定のルールに従って符号を追加したデータを送付する方式

※注3:複数のフレーム(データ伝送の単位の一つ)間でエラーを共有すること

 GBIで最高技術責任者(CTO)を務めるギャビン・レア氏はICE6 800Gの導入について、「既存の光伝送アーキテクチャの利用を継続しながら容易に光ファイバーネットワークを強化できた」と評価する。

 レア氏は、「信頼性の高いかつ高速なネットワーク接続を顧客に提供し、最高のワールドカップ視聴体験を届けるためには、当社の光ファイバーネットワークでテラビット規模の帯域幅を確保することが不可欠だった」と語る。

 Infineraでワールドワイド販売部門のシニアバイスプレジデントを務めるニック・ウォールデン氏は次のように話す。「GBIはICE6 800Gを用いて光ファイバーネットワークを強化することで、高速なデータ伝送を実現する400ギガビットイーサネット(GbE)といった、競争力のあるネットワークサービスの提供を実現できた」

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...