HDDが駄目なら「QLC」で ゲノム解析が求めた“普通じゃない要求”とは?ゲノム解析とストレージ【第1回】

膨大な量のデータを処理するゲノム解析には、どのようなストレージが必要なのか。フランスの医療協力連合SeqOIAが新たに導入したストレージシステムとは。

2023年02月15日 05時00分 公開
[Yann Serra, Antony AdsheadTechTarget]

 フランスの医療協力連合(GCS:Groupement de Cooperation Sanitaire)であるSeqOIA(Sequencing Omics, Information Analysis)は、フランスにおけるゲノム解析を推進する役割を担う。SeqOIAが進めるゲノム解析では、特殊な要件を満たすインフラが必要だった。どのようなストレージシステムを導入したのか。

ゲノム解析の要件を満たしたストレージとは

 SeqOIAの情報システム担当ディレクターを務めるアルバン・レルミン氏は、「ゲノム解析で患者の遺伝的事象を特定することは、病態の理解促進や治療法の解明に役立つ」と話す。例えば、がんや希少疾患の遺伝的な説明が可能となる他、医師が最適な治療法を決定したり、遺伝性疾患の可能性について家族へ助言したりする場合に役立つ。

 フランス政府は国内のゲノム解析を推し進める計画「PLAN FRANCE M EDECINE G ENOMIQUE 2025」(PFMG 2025)を2016年に立ち上げた。この計画で必要になったのが、高いスループット(データ伝送速度)でゲノムシーケンス(ゲノム解析手法の一つ)を実現するためのインフラ構築だった。これを実現するための技術的な障壁を取り除くため、2018年にSeqOIAの取り組みが始動した。

 SeqOIAは2022年3月、ゲノム解析を支えるストレージとして、ストレージベンダーVAST Dataのストレージシステム「Universal Storage」を導入した。同製品は、1つのメモリセルに4bitを格納する記録方式「クアッドレベルセル」(QLC)のNAND型フラッシュメモリを搭載する。SeqOIAは同製品を導入したことで、ゲノム解析に必要なIOPS(1秒間に処理する入出力数)の要求を満たすことができた。これはHDDを用いたストレージクラスタでは実現できなかったことだという。


 第2回は、SeqOIAが従来のストレージシステムで抱えていた課題を紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...