“SSDの形”が変われば“容量”が増える?TLCの技術とSSDの今後【第4回】

保管すべきデータが増えるのに合わせて、どこまでもストレージの設置面積を増やせるとは限らない。SSDやNAND型フラッシュメモリの新しい技術は、この問題にどう向き合うのか。

2023年02月06日 05時00分 公開
[Adam ArmstrongTechTarget]

 企業のデータセンターにおいて今後より重要になることの一つは、同じ設置面積で、より多くのデータを保管できるようにすることだ。そうした中でSSDのフォームファクター(形状や大きさなどの仕様)や、NAND型フラッシュメモリの記録密度に変化が見られる。

SSDの形状と容量の可能性

 Samsung Electronicsは2022年11月、第8世代の3D(3次元)NAND型フラッシュメモリ「V-NAND」(Vertical NAND)の量産を開始したと発表した。SamsungはこのV-NANDについて詳細は明らかにしていないが、同社によれば記録密度は前世代よりも向上した。

 「NAND型フラッシュメモリの高密度化が進むことは、SSDのフォームファクターが『EDSFF』(Enterprise and Data Center Standard Form Factor)に移行する動向に合致する」。調査会社IDCのリサーチバイスプレジデントであるジェフ・ヤヌコビッチ氏はそう話す。

 今後、企業にははより小さい設置面積で、より多くのデータを保管することが求められる。EDSFFはデータセンターにより多くのSSDを設置することを念頭に置いたフォームファクターだ。

 EDSFFには幾つかの仕様があり、特にそのうちの「E1.L」を採用したSSDに大容量化の動きがあることが注目点の一つだと、ヤヌコビッチ氏は強調する。ストレージの容量を増やすためにNAND型フラッシュメモリを増設すれば、熱が発生する。EDSFFは「熱制御に優れているため、ストレージの大容量化に適している」と同氏は語る。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

GartnerのCMO調査の結果が示唆する低予算時代のマーケターが生きる道
Gartnerが欧米のマーケティング意思決定者395人を対象に実施したCMO支出調査の結果です。

news011.png

「ECプラットフォーム」売れ筋TOP10(2024年5月)
今週は、ECプラットフォーム製品(ECサイト構築ツール)の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news186.jpg

Webマーケティングの調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動作成が「GPT-4o」に対応
集客戦略やサービス改善のための調査分析ツール「Keywordmap」の記事本文自動生成がOpenA...