「STaaS」や「BaaS」だけじゃない クラウド時代のバックアップとは?バックアップツールの将来動向【第4回】

クラウドサービスが台頭したことで、データの扱い方に変化が生じた。これからのバックアップツールにはどのような機能が求められるのか。業界関係者に話を聞いた。

2023年02月06日 05時00分 公開
[Stephen PritchardTechTarget]

 クラウドサービスが台頭したことで、企業がデータを保存する先は分散しがちになった。複数のクラウドサービスを併用する「マルチクラウド」や、オンプレミスインフラとクラウドサービスを組み合わせる「ハイブリッドクラウド」は、企業のシステム構成として一般的だ。今後はどのようなバックアップツールが求められるのか。

「STaaS」や「BaaS」も クラウド時代のバックアップとは

 企業の注目を集める可能性があるのは、ストレージをサービスとして利用する「STaaS」(Storage as a Service)や、バックアップツールをサービスとして利用する「BaaS」(Backup as a Service)だ。バックアップツールベンダーはこれら市場が成長すると予測する。

 コンプライアンス面を考慮し、企業はデータの保存場所をより重視するようになる可能性もある。その場合、データの保存先や転送先を特定地域内にとどめる「データローカライゼーション」に依拠したバックアップサービスがより重要になると考えられる。

 一方、「クラウドネイティブアプリケーション」(クラウドサービスで運用することを想定したアプリケーション)が生成するデータは、発生場所の近くでバックアップを取る必要がある。バックアップツールベンダーは、クラウドサービス向けのバックアップサービスを拡充させると予測できる。

 バックアップツールベンダーVeeam Softwareで英国とアイルランド担当バイスプレジデントを務めるダン・ミドルトン氏は、「IT部門は各ソフトウェアに対して異なるバックアップツールを使用することは望んでいない」と話す。導入や運用の作業が面倒で、時間がかかり、非効率になるからだ。企業は利用するベンダーをできる限り減らそうとしている。さまざまな対象をバックアップできるツールが、今後より重要になるとミドルトン氏は予測する。

 ストレージベンダーのPure StorageでフィールドCTO(最高技術責任者)を務めるパトリック・スミス氏が注目することの一つはコンテナだ。アプリケーションの実行環境を仮想化するコンテナの利用は拡大しつつある。「コンテナをバックアップする機能は、企業向けバックアップツールの標準機能になる」とスミス氏はみる。

 ミドルトン氏もスミス氏の意見に同意する。「データはアプリケーションやコンテナ間を頻繁に移動するようになった。その動きに追随するバックアップツールが必要だ」(ミルトン氏)

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...