プリンタはもう“ただの印刷機器”ではない? 変わりゆく企業のオフィス働き方と紙業務の最新動向【第3回】

2023年は印刷分野で新たな動きが顕著になる可能性がある。調査会社Quocircaのトレンド予測を基に、3つの注目動向を紹介する。

2023年02月14日 05時00分 公開
[Louella FernandesTechTarget]

 企業が多様な働き方を取り入れる中で、オフィスや、オフィスにおける印刷にも変化が求められている。調査会社Alumen Consulting(Quocircaの名称で事業展開)が公表した2023年のトレンド予測を基に、3つの注目動向を紹介する。

印刷でもセキュリティを重視

 プリンタや複合機といった印刷機器がセキュリティ機能を標準装備することは一般的になりつつある。今後は印刷関連のソフトウェアやサービスにおいて、セキュリティ確保につながる多様な技術や仕組みが登場し、ベンダーが多層的なセキュリティ対策を提供するようになるとQuocircaは予測する。

「スマートビル」や「IoT」との連携

 企業のオフィスは今後、従業員の生産性を高めたり、従業員間の情報共有や社交の場を提供したりする役割を担う。プリンタの運用管理を担う「マネージドプリントサービス」(MPS)分野のベンダーは、企業がオフィスを見直すことに伴い、ビルの管理にITを活用する「スマートビル」や「IoT」(モノのインターネット)と連携させる仕組みを提供する可能性がある。

業界のリーダーは「データ活用」に着手

 今後、データの価値を引き出すことができるベンダーが印刷業界をけん引することになる。ベンダーはデータに基づいてユーザーの行動を適切に理解することで、関連サービスを提供するタイミングやチャンスを見極められるようになる。印刷機器のOEM(相手先ブランド製造)ベンダーにとってもデータが重要になる。ネットワークに接続するプリンタや複合機からデータを取得し、そこからビジネスに関する洞察を導き出すことが可能だからだ。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news106.jpg

KDDIが取り組む3000万人規模のパーソナライゼーション データ基盤とAIの使いどころは?
AI時代のマーケターの悲願である「ハイパーパーソナライゼーション」に果敢に挑むのがKDD...

news046.jpg

ドクターペッパーが米炭酸飲料市場2位に躍進――ペプシ超えを成し遂げたすごいマーケティング【後編】
「選ばれし者の知的飲料」として知られ、確固としたファンベースを築いたDr Pepper。新た...

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...