「大解雇時代」が来れば“紙”がもうかる不思議働き方と紙業務の最新動向【第1回】

新型コロナウイルス感染症や不安定な経済の影響を受け、2023年の働き方はどうなるのか。オフィスにおける印刷を軸にして、調査会社Quocircaのトレンド予測を紹介する。

2023年02月01日 05時00分 公開
[Louella FernandesTechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響でテレワークを導入した企業の間では、オフィス勤務とテレワークを組み合わせるハイブリッドワークに移行する動きが目立った。2023年は、企業における働き方にまた一つの変化が生じる可能性がある。調査会社Alumen Consulting(Quocircaの名称で事業展開)によれば、その動向は“従業員の解雇”に連動する。

「大解雇時代」がオフィス回帰の前兆になる可能性も

 印刷分野におけるデジタル化は加速しており、ユーザーの行動は絶えず変化している。印刷業界が存在意義を高めるには、自社の製品とサービスを急速な技術の変化に順応させなければならない。

 Quocircaはブログで、2023年の印刷業界における主要トレンドを挙げた。印刷業界が影響を受ける動向の一つは、IT業界が「大退職時代」から「大解雇時代」へと移行していることだ。

 この状況は、雇用主と従業員の力関係に変化を引き起こす。つまり、雇用主がオフィス勤務への回帰を望む場合、従業員はその判断に従うようになるということだ。これにより、2023年にオフィスの稼働率は上昇する可能性がある。その結果、各オフィスにおける印刷量が増えると考えられる。

「クラウドサービス」導入が印刷機器の最新化を後押し

 クラウドサービスの普及に合わせて企業におけるクラウドサービス導入の動きが広がったことで、印刷機器ベンダーや独立系ソフトウェアベンダー(ISV)のビジネスチャンスも広がっている。

 クラウド印刷サービス市場では、用途や利用方法に応じて多彩なサービスが登場しつつある。今後、ベンダーはクラウドサービス活用における企業の成熟度に合わせ、他サービスと差別化したクラウド印刷サービスの提供に注力するようになるとQuocircaは予測する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news098.jpg

食品の高値安定傾向はどこまで続く?――インテージ調査
全国約6000店舗より収集している「SRI+(全国小売店パネル調査)」を基に実施した食品や...

news028.jpg

インターネット広告の新しいKPIと「アテンション」の再定義
最終回となる今回は、ターゲットに届いた広告の効果を正しく測定するための指標として「...

news158.png

売れるネット広告社、「売れるD2Cつくーる」にLP自動生成機能を追加
売れるネット広告社が「売れるD2Cつくーる」に、新たに「ランディングページ自動生成(AI...