2023年02月07日 05時00分 公開
特集/連載

「Z世代」と「デジタル化」と企業の“印刷業務” 2023年の注目トレンド働き方と紙業務の最新動向【第2回】

デジタル化やZ世代、サステナビリティといったキーワードが、2023年における企業の印刷にもたらす影響とは。Quocircaのトレンド予測を紹介する。

[Louella FernandesTechTarget]

 紙の「デジタル化」や、「Z世代」(1990年代半ばから2010年ごろに生まれた世代)は、企業の印刷業務にどのような影響を与えるのか。調査会社Alumen Consulting(Quocircaの名称で事業展開)が、ブログで主要トレンドを挙げた。3つの注目点を紹介する。

「デジタル化」が引き続き懸念事項

 紙を使う業務のデジタル化が進む一方で、特定の業務においては依然として印刷が必要になっている。ただしQuocircaは、コスト削減や効率性向上、環境負荷の低減などの必要性から、紙ベースの業務のデジタル化は一段と加速すると予測する。

「Z世代」が職場に影響

 Z世代の従業員が企業内に増えるにつれ、Z世代が職場に与える影響が大きくなる。Quocircaの予測によれば、業務で使う技術や生産性に対するZ世代の期待は、社内の情報共有やコミュニケーションにデジタル技術を利用するデジタルコラボレーションや、印刷の領域に強い影響を与える。

サステナビリティの成果に厳しい目

 印刷業界は、「温室効果ガス排出ゼロ」の達成を目標にさまざまな取り組みを実施し、競合他社との差別化を図っている。2023年は印刷関連のハードウェアやソフトウェア、プリンタの運用管理をベンダーに委任する「マネージドプリントサービス」(MPS)の分野で、サステナビリティ(持続可能性)を考慮する製品やサービスが増えるとQuocircaは予測する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...