“6G時代”の到来は待てない――英国が産学連携で解決したい“あの問題”とは英国政府のネットワーク戦略とは【中編】

英国政府は「5G」や「6G」を活用したオープンなネットワークを実現するために、産学連携に力を入れている。その背景には、英国が抱える“ある問題”の存在がある。それは何なのか。直近での取り組みの中身とは。

2023年02月07日 05時00分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 英国で進む、同国政府“肝いり”のネットワーク改革プロジェクトは、「5G」(第5世代移動通信システム)や「6G」(第6世代移動通信システム)を使ったネットワーク技術の研究開発を促すことが狙いだ。具体的に何が進んでいるのか。

6G時代の到来前に準備が必要――英国が意気込む理由とは

 英国政府の取り組みには、同国ネットワーク市場への参入企業を増やし、モバイルネットワークのインフラ強化を促す狙いがある。モバイルネットワークインフラの整備は、都市部以外で喫緊の課題になっている。

 投資の中には、英国中部ソリハルに建設中のネットワーク技術研究所UK Telecoms Lab(UKTL)のための8000万ポンド(約128億円)が含まれている。UKTLは英国のNational Physical Laboratory(国立物理学研究所)の力を借りつつ、5Gと6Gを使ったネットワークの、運用方法に関する研究と試験を産学連携で進める。UKTLは今後、セキュリティ分野を含め、数十人の専門職を採用する。

 通信技術が急速に進化することを受け、「6G時代の本格的な到来を前に、時代の先を行く準備が必要だ」と、英国のデジタル・文化・メディア・スポーツ省(Department for Digital, Culture, Media and Sport:DSMS)大臣、ミシェル・ドネラン氏は述べる。5Gを使ったネットワークの開発と保守を、ごく一部の企業に依存している現状を「大学や研究施設への支援によって変えることを目指す」とドネラン氏は言う。

 英国のモバイル通信業界団体Mobile UKのハミッシュ・マクラウドCEO(最高経営責任者)は、同国政府の取り組みについて「歓迎する」と語る。同国が、セキュリティや電力効率を重視してオープンなネットワークを構築するには、産学連携が欠かせないとマクラウド氏は説明する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news172.jpg

デジタルサイネージ一体型自動ドアによる広告配信サービス ナブテスコが提供
ナブテスコがデジタルサイネージ一体型自動ドアを広告メディアとして利用する新サービス...

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...