TechTargetジャパン

技術文書
IoT時代の鍵を握る、第5世代移動通信(5G)の動向
 モビリティーやIoT(モノのインターネット)はネットワークの容量と帯域幅の消費量を急激なペースで増大させ、現在では10 Gビット/秒を超える通信速度、LTEの約1000倍にもおよぶ通信容量を目指した5Gの研究が進められている。 本資料では、5Gの基礎や実用化へ向けた技術...(2015/9/1 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
Android端末でも欠かせないセキュリティ対策
 Android端末では一般ユーザがルート証明書の追加作業を行うことは大変困難であり、また、それぞれのOS バージョンで格納されているルート証明書は異なっているため、予めどのようなルート証明書が格納されているかを確認しておくことが重要である。 シマンテック・ウェ...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
駆除だけでは終わらないランサムウェア――最後の備えは「確実な復元」
 企業や組織のシステムに侵入し、重要情報を暗号化したり、画面をロックしたりするランサムウェア。ファイルやシステムを“人質”にして、解除のための“身代金”を要求するランサムウェアの被害は着実に拡大しており、対策を急ぐ企業が増えている。 対策の基本は、セキ...(2016/6/8 提供:バラクーダネットワークスジャパン株式会社)

比較資料
「次なる40億人」が決めるクラウドベンダーの勝者と敗者
 クラウドコンピューティングを語るには、成長と変容を続けるインターネットの現在を見わたすことが不可欠だ。飽和する既存ビジネスの外側で急速に育つ新サービスが、既存ビジネスの生存域を狭めていく様を直視する必要がある。 クラウドがインターネットの成長を乗っ取...(2016/6/28 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
5億5200万件の個人情報が流出──2014年版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 このホワイトペーパーは、シマンテックが毎年発行している『Webサイトセキュリティ脅威レポート』の2014年版である。「2013年のセキュリティタイムライン」「数字で見る2013年」といった独自の視点のレポートをはじめ、2013年のWebサイトセキュリティ脅威に関する以下の...(2016/6/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
コストを削減しつつ「組込・制御システム開発」を成功させる秘訣とは?国内外の先端研究事例に学ぶ
 本資料には、システム開発や保守費用にかかるコストを削減しつつ、テスト開発の生産性を高め開発時間の短縮に成功した事例が数多く掲載されている。新しい領域の研究開発や製品設計に挑む技術者には見逃せない資料だ。高い性能と信頼性が要求されるアプリケーションにお...(2016/6/13 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

カタログ
IoTの組み込み開発に求められる「ゲートウェイ・ソリューション」とは
 IoTが組込みテクノロジーに対応した世界中のデバイスのシームレスな接続、管理、安全な相互作用を可能にするにつれ、産業界は新しい時代を迎えつつある。 製造業におけるIoT、つまりIIoT (インダストリアルIoT)では、機械装置が他の機械装置、対象物、環境、インフラと...(2016/4/18 提供:ADLINKジャパン株式会社)

事例
データベースの専門知識が不要なマスターメンテナンス環境構築をわずか2日で実現
 データベースに格納されているマスターデータの変更要請が発生する場面は多い。扱う商材の追加や価格の改訂などの他にも、社内から求められる要件対応などだ。そのため、マスターデータのメンテナンスを簡単に効率良く行いたいという企業は多いのではないだろうか。 無...(2015/9/25 提供:株式会社システムエグゼ)

技術文書
組み込み機器開発とは何か?
 組み込み機器開発の初心者を対象に、「組み込み機器とは何か」という定義の説明からスタートし、Blu-ray Discレコーダーを例にした開発の流れ、組み込みソフトウェア/ハードウェア開発、そして組み込みOSの概略までを広く紹介する。 本ブックレットは、これから組み込...(2016/5/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「インダストリー4.0」の課題は人工知能とR-INエンジンで解決
 ルネサス エレクトロニクスの産業機器向け高速データ処理/通信エンジンである「R-IN」と、人工知能を組み合わせたプラットフォームについて紹介する。 センサーを利用した装置や機器のモニタリングでは、膨大なデータが生成されてしまい製造現場のネットワークを逼迫...(2016/5/10 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
1000分の1秒レベルの遅延がビジネスを瓦解させる、通信の最適経路選択の重要性
 インターネットを通じて提供されるさまざまなサービスにとって、通信速度の遅延はビジネスに深刻な影響を及ぼす。わずか2秒でユーザーの不満や収益の低下が現れはじめ、レスポンスタイムにシビアなオンラインゲームのプレイヤーでは、たった50msの遅延増加によって2倍も...(2016/3/29 提供:インターナップ・ジャパン株式会社)

レポート
5Gの商用化、日本のエンジニアが2020年東京五輪に間に合わせる!
 EE Times Japanは2015年5〜6月、モノづくりメディア会員を対象に「第5世代移動通信(5G)に関する技術動向/意識調査」を実施した。日本のエンジニアが5Gの実現に向けて克服しなければならないと考えている技術課題や、5Gに対しどのような期待を抱いているかなどが明らか...(2016/3/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
急速に発展するワイヤレス給電市場とその技術動向
 ワイヤレス給電技術については、電磁誘導(MI:Magnetic Induction)方式と磁気共鳴(MR:Magnetic Resonance)方式の2つの標準化が進められています。いずれもコンパクトに実装でき、コストを抑えられることから、民生機器市場におけるワイヤレス給電の主要な方式とな...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
暗号化通信によるサーバ負荷を回避する「SSLアクセラレーション」設定法
 SSLの暗号化通信を利用すると、通信速度が低下したり、サーバへの負荷が高くなったりするという懸念をお持ちではないだろうか。SSLは、盗聴、なりすましなどのリスクを軽減する対策として、非常に広く普及している通信暗号化の仕組みだ。しかし、HTTP 1.0/1.1プロトコ...(2015/12/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
5億5200万件の個人情報が流出──2014年版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 このホワイトペーパーは、シマンテックが毎年発行している『Webサイトセキュリティ脅威レポート』の2014年版である。「2013年のセキュリティタイムライン」「数字で見る2013年」といった独自の視点のレポートをはじめ、2013年のWebサイトセキュリティ脅威に関する以下の...(2015/12/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
iPhoneの持ち込みは止まらない、BYOD活用ルールの作り方
 個人所有のモバイルデバイスが企業ネットワークに接続するようになり、従業員の仕事の進め方は根本的に変化した。24時間いつでもメールを受信し、在宅勤務もスムーズに行われるようになった。一方、BYODが進むにつれ、ネットワークがトラフィックの増加に対処できるよう...(2015/12/8 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
産業用ソフトウェアの不正使用を防げ!知的財産を守る強力なプロテクション
 モノのインターネット(IoT)が普及するにつれ、ソフトウェアの重要性はより高まっている。しかし一方でハッカーや競合他社によるリバースエンジニアリングやハッキングの脅威にさらされ、大切な知的財産が不正コピーされる恐れがある。 2007年の模倣品被害の総額は年...(2015/12/1 提供:日本セーフネット株式会社)

技術文書
「MDM」「コンテナ化」のメリットとは? データ保護と使いやすさの両立
 モバイル端末の業務利用を進める上で、デバイス上の企業データをどのように保護するかは重要な課題だ。デバイスが多様化する中、企業はデバイスの利用目的、BYODの採用可否、さらにユーザーの利便性やIT管理者の負荷軽減などを配慮しながら、適切なデータ保護の仕組みを...(2015/11/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
オンプレミスからAWSへ、ケンコーコムが取り組んだ基幹システムのクラウド化
 健康食品や化粧品、医薬品などをオンラインで販売するケンコーコムが「Amazon Web Services」(AWS)上に基幹システムを構築し、2012年8月に本格稼働させた。これまでオンプレミスでの運用が常識だった基幹システムだったが、AWSを利用することで月600万円のコストを削...(2015/11/2 提供:SAPジャパン株式会社)

講演資料
利便性と安全性は両立できるか? モバイルセキュリティ最新動向
 モバイル活用による業務の利便性向上やワークスタイル変革に注目が集まる。一方、モバイルからの情報漏えい防止をはじめとするセキュリティ対策においては、個人と業務の混在といったユーザーの利用要件などモバイル特有の性質により、端末管理を複雑かつ困難にしている...(2015/10/19 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

技術文書
今こそ、物流は変化を迫られている――「戦略的ロジスティクス」改革の5項目
 一般に日本企業の物流管理は非常に高いレベルにある。しかし企業競争において求められているのは、物品を物理的に保管・移動する単なる「物流」機能の充実ではなく、販売部門に必要な物品を送り込むための、プロセス全体という意味での「ロジスティクス戦略」の確立であ...(2015/10/28 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

技術文書
解析の大規模化はクラウドやオープンソースで乗り切れるのか?
 今や製造業においてCADやCAEといったデジタルツールはすっかり身近な存在となった。企業自身でHPCと解析部門を備えていたり、設計現場でもCAEが積極的に使われるようになったりと、CAE活用が進んだ今もなお、受託解析ビジネスのニーズは相変わらず大きいという。 例え...(2015/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「IoTアプリケーションの心臓部」となるセキュリティ機構を知ろう
IoT(Internet ofThings:モノのインターネット)の可能性に注目が集まっている。IoTをベースとした新しいアプリケーションを構築し、自社のソリューションの機能を強化することは、ソフトウェア開発に携わる部署や企業にとって最優先事項となっている。たとえば、インテ...(2015/10/16 提供:日本セーフネット株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月16日号:フラッシュストレージ セカンドシーズン
 Computer Weekly日本語版 9月16日号は、以下の記事で構成されています。■コード分析で分かった「商用ソフトはOSSよりセキュリティが強固」な理由とは? 5400件以上のOSSプロジェクトを解析してきたCoverityが、オープンソースコードと商用プロジェクトのコードを比較...(2015/9/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
基礎から始める FL-net 入門編
 工場の自動化が急速に広がる中、各種コントローラーやFA機器を相互接続により、システムを統合化する必要性は大きく高まっている。 そのため、ネットワークの標準化が国際的な動きとなっている。「FL-net(エフ・エル・ネット)」は、日本電機工業会(JEMA)が推進する...(2015/9/24 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ゼロデイ脆弱性発見件数は前年比61%増──2014年度版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 2013年は、サイバースパイ、プライバシーに対する脅威、部内者の悪質行為が大きな注目を集めた。しかし 2013年末には、サイバー犯罪が依然として蔓延している現実を改めて示す事件も起きている。サイバー犯罪の脅威と被害は今でも企業や個人ユーザーの上に重くのしかか...(2015/9/24 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
WAN高速化だけでは解消できないレイテンシ問題、IoT時代に向けて必要となる技術とは
 レイテンシとは、出発地点からリクエストが発信され、目的地へ到達するまでにかかる時間を指す。データセンターとエンドユーザーまでの距離が遠いほどレイテンシは長くなり、これが一般的に通信遅延の原因となる。企業にとって、世界中でERP、CRM、SCMといったアプリケ...(2015/8/31 提供:株式会社シーディーネットワークス・ジャパン)

技術文書
高級車メーカーがなぜ車載情報機器の開発に注力するのか
 2013年5月28〜29日に東京都内で開催された、「Automotive Linux Summit Spring 2013」(主催:The Linux Foundation)。同イベントでは、車載情報機器への採用が広がりつつあるLinuxや、それと関連する開発プロジェクトの最新情報が紹介された。 本稿では、ジャガーラン...(2015/8/31 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「SAP on AWS」はもはや常識? 基幹システムをクラウド化するメリットとは
 多くの企業で基幹業務を担っているERPシステムを、従来のオンプレミスからクラウドへと移行する事例が増えている。基幹システムのクラウド化については、懸念や不安の声もある一方で、どのようなメリットが考えられるのだろうか。 本稿では、代表的なERPパッケージであ...(2015/8/6 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
基礎から学ぶ USB Type-C 入門
 USB Type-C(USB-C)について聞いたことがあるだろうか。もし聞いたことがないならば、ぜひ覚えておいてほしい、その小さな優れものが世界を席巻するだろうから。 USBに関する仕様を策定する団体USB Implementers Forum(USB-IF)が2015年CESにおいてUSB Type-Cを展示...(2015/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

Loading