WBAが「マネージドWi-Fi」の推奨事項を公開した“真の狙い”とはオペレーターマネージドWi-Fiの未来【中編】

WBAは通信事業者向けに「オペレーターマネージドWi-Fi」(OMWi)のレファレンスアーキテクチャを作成した。このレファレンスアーキテクチャの制作には単なる知識やノウハウの共有以上の狙いがある。

2023年09月29日 05時15分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | データ通信 | ネットワーク | 無線LAN


 無線LANの業界団体Wireless Broadband Alliance(WBA)は、「Wi-Fi」のネットワークを通信事業者(オペレーター)がマネージドサービスとして提供する「オペレーターマネージドWi-Fi」(以下、OMWi)に関する技術レポートを公開した。レポートのタイトルは「Operator Managed Wi-Fi:Reference Architecture and Requirements」で、通信事業者が参照するレファレンスアーキテクチャとなっている。WBAが同レポートを公開した狙いは単に知識を共有することではなく、無線LAN業界の今後を考えてのものだった。

マネージドWi-Fi「OMWi」のレポートが示す推奨事項とは

 WBAが公開した技術レポートは、例えば1つの無線LANアクセスポイント(AP)がインターネットとのゲートウェイになる場合と、複数APを使う場合に、それぞれどのようにOMWiを構成すればよいかを解説している。管理対象となる屋内Wi-Fiの実装方法を含むレファレンスアーキテクチャを示し、その利点を説明している。

 OMWiの実装方法や仕様などを標準化する取り組みは、過去に幾つもあった。しかしWBAによれば、同団体が今回のレファレンスアーキテクチャで示したような標準的な規格に沿って構成されたOMWiのサービスは、市場にまだ存在しない。

 WBAは同団体に加盟しているAirties、British Telecommunications、Deutsche Telekom、MaxLinearなどの通信事業者と共に、この状況を改善しようとしている。通信事業者が顧客企業やエンドユーザーに対してより適切な提案を実施できるようにする。

 WBAは今後、業界関係者や通信事業者と共に、OMWiの技術仕様の策定を目指す。


 後編は、WBAのCEOやWBA加盟企業AirtiesのCEOの見解を基に、現状と今後の展望を紹介する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...