2023年09月22日 07時15分 公開
特集/連載

マネージドWi-Fi「OMWi」はなぜ“使えない無線LAN”なのか?オペレーターマネージドWi-Fiの未来【前編】

企業やエンドユーザーにとって欠かせない存在となっているWi-Fi。通信事業者がマネージドサービスとしてWi-Fiを提供する場合には課題がある。業界団体が改善に乗り出した。

[Joe O’HalloranTechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | データ通信 | ネットワーク | 無線LAN


 無線LANの業界団体Wireless Broadband Alliance(WBA)は、無線LANの標準規格群「IEEE 802.11」について、データの収集から管理、設定を最適化するための新しい指針を提唱した。背景には、業界団体Wi-Fi AllianceがIEEE 802.11の仕様を基に認証するブランドである「Wi-Fi」について、企業やエンドユーザーの“ある要望”が強くなり続けていることがある。

マネージドWi-Fi「OMWi」が使えない理由 ユーザーが求めているものは?

 WBAの分析によれば、企業やエンドユーザーは、ほとんど設定作業を必要とせずに動作する、信頼できるWi-FiのネットワークおよびWi-Fiの機器を期待している。

 そこで登場したのが、Wi-Fiのネットワークや機器を通信事業者(オペレーター)が管理する「オペレーターマネージドWi-Fi」(以下、OMWi)だ。WBAによれば、市場にはOMWiのサービスが複数存在している。ただしその動作や運用方法は統一されておらず、通信事業者ごとに以下の項目が異なる。

  • ネットワークの状態やネットワーク機器に関するデータ収集
  • 遠隔からネットワークやネットワーク機器を管理する仕組み
  • 「CPE」(宅内設置機器)と外部のデータ通信
  • 網目のようにネットワークの経路を組む「メッシュネットワーク」の形成方法
  • トラブルシューティング

 これらの仕組みが統一されていないため、OMWiは相互運用が不可能なサービスになってしまっている。その結果、通信事業者は企業やエンドユーザーの要望に応えるため、さまざまな技術や標準規格を使いこなすための人的リソースが膨れ上がっている。

 こうした状況を受けて、WBAは通信事業者向けの技術レポート「Operator Managed Wi-Fi:Reference Architecture and Requirements」を2023年5月に発表した。このレポートはOMWiにおける推奨事項を整理したドキュメントであるレファレンスアーキテクチャとなっている。


 中編は、WBAの作成したレファレンスアーキテクチャが現状の課題をいかに解決するかを解説する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

バーガーキングがまた発明 “ワッパー生成AI”でブランドの伝統を現代に
Burger Kingが米国で開始した生成AIを使ったユニークなコンテストは、カスタマイズできる...

news068.png

営業担当者が顧客とのやりとりに使っている時間は業務時間の54%――HubSpot Japan調査
日本の法人営業担当者は顧客と接する時間を「1日にあと25分」増やしたいと考えています。

news023.jpg

Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポー...