「無線LAN」の次の進化は「AI」にあり “あのトラブル”がなくなるかも?AIは無線LANの主流になるか【前編】

AI技術は今後、ネットワークにとって不可欠な技術になる。無線LANもその恩恵を受ける分野だ。AI技術は無線LANをどのように進化させるのか。

2024年02月23日 08時00分 公開
[Deanna DarahTechTarget]

関連キーワード

Wi-Fi | データ通信 | ネットワーク | 無線LAN


 2023年はテキストや画像などを自動生成するAI(人工知能)技術「生成AI」(ジェネレーティブAI)の普及により、AI技術がさまざまな分野に浸透した。ただし生成AIが盛り上がっているからといって、従来のAI技術が存在感を失ったわけではない。

 2024年にAI技術が重要な役割を果たすと専門家が予測している分野の一つに、無線LANがある。無線LANはAI技術を活用することで、どのように進化するのか。

「無線LAN」はAIで何が変わる? あのトラブルの解消も

 「すでに一部の企業はAI技術を用いて無線LANを運用しており、2024年にはこうした動きが世界各国の企業の間で主流になるだろう」。無線LAN関連のソフトウェアベンダーWyebotのCEO兼共同設立者であるロジャー・サンズ氏はそう語る。

 クラウドサービスの利用が広がることに加えて、テレワークの取り組みが一般的になるにつれ、ネットワークは複雑化している。「企業はこの複雑さを管理する新しい方法を必要としている」とサンズ氏は述べる。同氏が着目するのは、AI技術は無線LANの稼働状況を監視し、データを分析して問題が発生する前に修正できることだ。

無線LAN運用にAI技術を導入する利点

 AI技術を活用することでデータを分析し、その分析結果を使ってネットワークのパフォーマンスの予測を立てることができる。この運用方法により、「IT部門は問題が発生してから対処するのではなく、問題が発生する前に対処できるようになる」とサンズ氏は言う。

 例えば無線LANの運用にAI技術を導入すると、ネットワークのパフォーマンスに影響する潜在的な問題点を洗い出したり、ネットワークの利用に支障を来すような問題を発生前に検出したりできる。「分析に使うデータが多ければ多いほど、アルゴリズムを改善して、ネットワークの挙動をより高い精度で予測しやすくなる」とサンズ氏は語る。

 無線LAN運用にAI技術を導入することによる利点には、以下のようなものがある。

  • 平均復旧時間(MTTR)の短縮
    • AI技術を用いることで、迅速に問題を検出し、修正できる。病院や倉庫のように、ネットワークが業務に不可欠な場合に特に役立つ。
  • トラブルチケットの削減
    • 問題が発生する前に対処すれば、ネットワーク担当者が対処しなければならないトラブル件数が減る。
  • 運用現場への訪問回数の削減
    • 運用の自動化によって、エンジニアが現場に向かう必要のある場面が減る。さまざまな場所にネットワークを分散している企業にとっては特に有益になる。

 次回は、無線LANでAI技術をうまく活用するために必要な要素を考察する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...