「6G」の前になぜ「5G SA」の時代がやってこないのか5Gの現状を正しく把握しよう【後編】

コアネットワークまでを5Gで構成する「5G SA」は、限られた通信事業者しか提供していない。5Gの利点を引き出しやすくなる5G SAの導入が進まない理由とは。

2023年11月29日 05時00分 公開
[Deanna DarahTechTarget]

 2023年現在の「5G」(第5世代移動通信システム)は、コアネットワークに「4G」(第4世代移動通信システム)を利用した「NSA」(ノンスタンドアロン)方式が主流だ。5G NSAは4Gに比べて性能が改善されているものの、興奮するものではない。

 調査会社Technology Business Researchのプリンシパルアナリスト、クリス・アントリッツ氏はNSAを「ばんそうこう」に例える。既存の4Gインフラを使って5Gを運用しているためだ。「世界の通信事業者で、5Gの設備だけで構成する「SA」(スタンドアロン)を展開している事業者はわずか20%という推計がある」とアントリッツ氏は説明する。なぜ5G SAの導入は進んでいないのか。

6Gの前に「5G SA」の導入が進まない理由

 5G SAは5G NSAに比べて以下のメリットがある

  • 通信事業者の物理的なネットワークを論理的に区切る「ネットワークスライシング」の実現
  • NSAに比べた、高速化や遅延の抑制といったネットワーク品質の改善

 アントリッツ氏は上記のメリットと5G SAに必要な設備投資の費用を比べて、「通信事業者からすれば、投資対効果(ROI)を得られない」と分析する。同氏によれば、5G技術は複雑で、5Gに精通した専門人材が限られている。そのため、通信事業者が数十億ドルの投資を継続しても、5G SAや、24GHz帯以上を指す「ミリ波帯」を利用した5Gを適切に導入し、運用できるとは限らないという。

 5Gには有望なユースケースが幾つもある。ただしV2V(Vehicle to Vehicle:車両間)通信や、拡張現実(AR)を利用したメタバースのネットワークなど、ベンダーがうたっているユースケースの幾つかは実現に時間がかかるだろう。

 5Gの次の世代である「6G」(第6世代移動通信システム)の登場に期待する声もある。だが、5Gが抱える課題を考えると、通信事業者はまだ6Gの準備ができていないはずだ。

 現実的なシナリオとしては、移動体通信システムの標準化団体「3rd Generation Partnership Project」(3GPP)が仕様の検討に取り組んでいる5Gの次期仕様「5G-Advanced」が6Gとして売り込まれるだろう、とアントリッツ氏は予測する。

5Gと他技術の組み合わせがDXに

 アントリッツ氏によれば、5Gは現在、専門家が事前に想定した開発サイクルより2〜3年遅れているという。しかし、2020年代のうちに、企業は5Gと他の技術を組み合わせて「デジタルトランスフォーメーション(DX)」を推進するようになる。

 例えば機械学習をはじめとしたAI(人工知能)技術は企業が5G利用時の電力消費を抑えるのに役立つ。データの発生源であるデバイスの近く(エッジ)でデータを処理する「エッジコンピューティング」は、5Gと組み合わせることでシステム運用のコスト削減やデータ処理の効率化に貢献する。「企業は5Gだけでなく、エッジコンピューティングやAI技術などを共に使ってDXを推進するだろう」とアントリッツ氏は語る。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...