“安さのHDD”とNAND型フラッシュ200層超え「SSD」がいい勝負?Micron「メインストリームSSD」の真価【中編】

価格を重視した結果、SSDではなくHDDを選択するケースは少なくない。そうした選択に影響を与える存在として、アナリストはMicronが新たに提供するSSDで、200層超えNAND型フラッシュメモリを搭載したモデルに注目する。

2023年11月28日 05時00分 公開
[Adam ArmstrongTechTarget]

 半導体ベンダーのMicron Technologyは、200層以上に積層したNAND型フラッシュメモリを搭載した「SSD」の新モデルを提供する。あるアナリストは「メインストリームSSDの開発が十分に進んできたことを示すものだ」と評価する。これは今後のHDDの採用にも影響を与える可能性があるという。その背景にはどのような事情があるのか。

「HDD」といい勝負? 開発が進む「SSD」のラインアップ

 Micron Technologyの新SSD「Micron 7500 NVMe SSD」(以下、Micron 7500)は、232層NAND型フラッシュメモリを搭載したメインストリーム(または読み取り集約型)SSDだ。

 調査会社IDCのリサーチ担当バイスプレジデントであるジェフ・ヤヌコビッチ氏はMicron 7500について、「コストと、読み書き性能などのパフォーマンスのバランスを考慮しており、コストパフォーマンスの良い製品だ」と評価する。企業のデータセンターやクラウドサービスをはじめ、さまざまな用途での活用が考えられるという。

 Micron 7500のフォームファクターは「U.3」、インタフェース規格は「PCI Express 4.0」(PCIe 4.0)となっている。「PCI Express 3.0」(PCIe 3.0)搭載のデバイスが普及する中で、同社はPCIe 4.0の需要が高まりつつあるとみている。PCIe 4.0は、PCIe 3.0よりもデータ転送速度が高速になる。それをMicron 7500が搭載したことは、ストレージの潮流をくんだものだと言える。

 調査会社Gartnerでリサーチ担当バイスプレジデントを務めるジョセフ・アンスワース氏は、Micron 7500について「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)の市場と照らしてみても面白いと指摘する。一般的にHCIのストレージには極端に高いパフォーマンスが求められることはない。むしろ「価格に見合ったパフォーマンスを発揮することが重要だ」とアンスワース氏は語る。

 HCIベンダーは依然としてHDDを使用する傾向にある。これはパフォーマンスよりも価格を優先していることを意味するのだが、より高いパフォーマンスを必要とする場合や、パフォーマンスのためにより高い費用を支払ってもいいとユーザー企業が考える場合はどうだろうか。その場合、メインストリームSSDはHDDと競合するストレージになるという。


 次回は、NAND型フラッシュメモリ市場の相場がどうなるのか、Micronの見方を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。