2012年05月31日 09時00分 UPDATE
特集/連載

2015年にはテラビット規格も視野に?【技術動向】100Gbps超えも目前、超高速化が進む「イーサネット」

100Gbpsまで高速化が進んだイーサネット。近い将来、1Tbpsの「テラビットイーサネット」も登場しそうだ。本稿は、イーサネット高速化の現状と今後の方向性を解説する。

[鳥越武史,TechTargetジャパン]

 ネットワークの主要要素であるイーサネットを高速化する流れが止まらない。10Gbpsを超え、40Gbps/100Gbpsのデータ伝送速度を実現する製品が登場しつつある。さらに2015年ごろに向けて、Tbps級の伝送速度を誇る「テラビットイーサネット」を実現するための技術開発も進みつつある。

 本稿は、ネットワーク製品に詳しいネットワンシステムズの中村喜之氏と金子彰良氏の話を基に、イーサネット高速化の最新動向を解説する。

ITmedia マーケティング新着記事

news071.jpg

Instagram活用の現在、失敗から学ぶB2Bマーケティング他、11月に最も読まれた記事は?
ITmediaマーケティングに掲載された1カ月の記事をランキング中心に振り返ります。

news149.jpg

スマートスピーカーのスキル開発、今すぐ取り組むために押さえておくべきこと
スマートスピーカーで何ができるのか。これからのマーケターが押さえておくべきポイント...

news028.jpg

日本の広告主は変われたか? アドベリフィケーションに関する意識調査2018――Momentum
Momentumは「アドベリフィケーションに関する意識調査2018」の結果を公表しました。