2013年04月30日 08時00分 UPDATE
特集/連載

迫るサポート終了Windows XPから逃れられない本当の理由

Windows XPのサポート終了が迫る中、ユーザーのWindows 7、8への移行の動きが鈍い。問題となるのはOS自体の移行ではなく、周辺アプリケーションの対応だと指摘する声がある。

[Diana Hwang,TechTarget]

 Windows XPからの移行が簡単な作業でないことはよく知られている。米Microsoftは移行計画の妨げとなる「既知の問題点」を顧客が検討しないことを最も恐れていると、同社のソリューション担当であるボブ・リンカビックス氏は話す。「ユーザーは最も作業を要するアプリケーションを洗い出す必要がある」

 米国ボストンで開催された同社イベントで、Microsoftは「ITの意思決定者は戦略計画を策定し、アプリケーションを新しいOSに移行することを考える必要がある」と述べている。

 確かに2014年4月8日にMicrosoftがWindows XPとOffice 2003のサポートを終了してしまうと、エンドユーザーには問題が起こる。例えばバグ修正やセキュリティパッチがWindows XPには提供されなくなり、デスクトップやラップトップのWindows XPはセキュリティ上の脅威にさらされやすくなる。

 しかし、Windows XPからの移行に関心を持つユーザーは多くないのが現状だ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...